HL7 FHIR JP Core ImplementationGuide
1.1.2 - release Japan flag

HL7 FHIR JP Core ImplementationGuide - Local Development build (v1.1.2) built by the FHIR (HL7® FHIR® Standard) Build Tools. See the Directory of published versions

Resource Profile: JP_Coverage - Detailed Descriptions

Active as of 2023-10-31

Definitions for the jp-coverage resource profile.

Guidance on how to interpret the contents of this table can be found here

0. Coverage
Definition

Financial instrument which may be used to reimburse or pay for health care products and services. Includes both insurance and self-payment.
ヘルスケア製品およびサービスの償還または支払いに使用される可能性のある金融商品。 保険と自己負担の両方が含まれる。

ShortInsurance or medical plan or a payment agreement 保険または医療費支払いプラン、または合意された支払い方法
Comments

The Coverage resource contains the insurance card level information, which is customary to provide on claims and other communications between providers and insurers.
Coverageには、保険証レベルの情報が含まれている。これは、保険金請求やプロバイダと保険会社間のその他の通信で提供するのが通例である。

2. Coverage.extension
SlicingThis element introduces a set of slices on Coverage.extension. The slices are unordered and Open, and can be differentiated using the following discriminators:
  • value @ url
4. Coverage.extension:insuredPersonSymbol
Slice NameinsuredPersonSymbol
Control0..*
TypeExtension(JP Core Coverage InsuredPersonSymbol Extension) (Extension Type: string)
6. Coverage.extension:insuredPersonNumber
Slice NameinsuredPersonNumber
Control0..*
TypeExtension(JP Core Coverage InsuredPersonNumber Extension) (Extension Type: string)
8. Coverage.extension:insuredPersonSubNumber
Slice NameinsuredPersonSubNumber
Control0..*
TypeExtension(JP Core Coverage InsuredPersonSubNumber Extension) (Extension Type: string)
10. Coverage.identifier
Definition

A unique identifier assigned to this coverage.
このカバレッジに割り当てられた一意の識別子。

ShortBusiness Identifier for the coverage このカバレッジに割り当てられた一意の識別子【詳細参照】
Comments

The main (and possibly only) identifier for the coverage - often referred to as a Member Id, Certificate number, Personal Health Number or Case ID. May be constructed as the concatenation of the Coverage.SubscriberID and the Coverage.dependent.
カバレッジのメイン(および場合によっては唯一の)識別子-多くの場合、メンバID、証明書番号、個人の健康番号、またはケースIDと呼ばれる。
【JP Core仕様】被保険者記号と番号と枝番を全角にした上でダブルコーテーションで囲い、カンマ区切りで連結する。
ルール:"{被保険者記号}","{被保険者番号}","{枝番}"
例:"12-34","5678","00"

NoteThis is a business identifier, not a resource identifier (see discussion)
Requirements

Allows coverages to be distinguished and referenced.
カバレッジを区別して参照できるようにする。

12. Coverage.status
Definition

The status of the resource instance.
リソースインスタンスのステータス。

Comments

This element is labeled as a modifier because the status contains the code entered-in-error that marks the coverage as not currently valid.
ステータスには、カバレッジが現在無効であることを示すエラー入力されたコードが含まれているため、この要素は修飾子としてラベル付けされる。

Requirements

Need to track the status of the resource as 'draft' resources may undergo further edits while 'active' resources are immutable and may only have their status changed to 'cancelled'.
「ドラフト」リソースはさらに編集される可能性があり、「アクティブ」リソースは不変であり、ステータスが「キャンセル」に変更されるだけである可能性があるため、リソースのステータスを追跡する必要がある。

14. Coverage.type
Definition

The type of coverage: social program, medical plan, accident coverage (workers compensation, auto), group health or payment by an individual or organization.
補償の種類:社会プログラム、医療計画、事故補償(労働者災害補償、自動車)、グループの健康、または個人または組織による支払い。

ShortCoverage category such as medical or accident 医療保険や事故補償のような分類
Comments

Not all terminology uses fit this general pattern. In some cases, models should not use CodeableConcept and use Coding directly and provide their own structure for managing text, codings, translations and the relationship between elements and pre- and post-coordination.
すべてのターミノロジの使用がこの一般的なパターンに適合するわけではない。場合によっては、モデルはCodeableConceptを使用せず、コーディングを直接使用して、テキスト、コーディング、翻訳、および要素間の関係とpre-coordinationとpost-coordinationの用語関係を管理するための独自の構造を提供する必要がある。
【JP Core仕様】「処方情報 HL7FHIR 記述仕様」等で使用される保険種別コード(system=”urn:oid:1.2.392.100495.20.2.61”)として、https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000342368.pdf の別表11が使用している例があげられている。JP Coreとして本項目に対する用語のバインドは現時点では定義するまでに至っていない。

Requirements

The order of application of coverages is dependent on the types of coverage.
カバレッジの適用順序は、カバレッジのタイプによって異なる。

16. Coverage.policyHolder
Definition

The party who 'owns' the insurance policy.
保険証券を「所有する」当事者。

ShortOwner of the policy ポリシの所有者
Comments

For example: may be an individual, corporation or the subscriber's employer.
例:個人、企業、または加入者の雇用主である可能性がある。

TypeReference(JP Core Patient Profile, RelatedPerson, JP Core Organization Profile)
Requirements

This provides employer information in the case of Worker's Compensation and other policies.
これは、労働者災害補償およびその他のポリシの場合に雇用者情報を提供する。

18. Coverage.subscriber
Definition

The party who has signed-up for or 'owns' the contractual relationship to the policy or to whom the benefit of the policy for services rendered to them or their family is due.
ポリシにサインアップした、またはポリシとの契約関係を「所有」している当事者、またはポリシの利益が彼らまたはその家族に提供されることになっている当事者。

ShortSubscriber to the policy 被保険者
Comments

May be self or a parent in the case of dependents.
扶養家族の場合、自己または親である可能性がある。

TypeReference(JP Core Patient Profile, RelatedPerson)
Requirements

This is the party who is entitled to the benefits under the policy.
これは、ポリシに基づいて給付を受ける権利を有する当事者である。

20. Coverage.subscriberId
Definition

The insurer assigned ID for the Subscriber.
被保険者に保険者が割り当てたID

ShortID assigned to the subscriber 被保険者に割り当てられたID
Requirements

The insurer requires this identifier on correspondence and claims (digital and otherwise).
保険者は、連絡や請求(デジタルおよびその他)でこの識別子を要求する。
保険会社は、通信および請求(デジタルおよびその他)でこの識別子を要求する。
【JP Core仕様】被保険者記号と番号を全角にした上でダブルコーテーションで囲い、カンマ区切りで連結する。
ルール:"{被保険者記号}","{被保険者番号}"
例:"12-34","5678"

22. Coverage.beneficiary
Definition

The party who benefits from the insurance coverage; the patient when products and/or services are provided.
保険適用から利益を得る当事者、製品および/またはサービスが提供される際の患者。

Comments

References SHALL be a reference to an actual FHIR resource, and SHALL be resolvable (allowing for access control, temporary unavailability, etc.). Resolution can be either by retrieval from the URL, or, where applicable by resource type, by treating an absolute reference as a canonical URL and looking it up in a local registry/repository.
参照は、実際のFHIRリソースへの参照である必要があり、解決可能(内容に到達可能)である必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。
【JP Core仕様】患者Patientリソースへの参照。

TypeReference(JP Core Patient Profile)
Requirements

This is the party who receives treatment for which the costs are reimbursed under the coverage.
これは、補償の下で費用が償還される治療を受ける側のことである。

24. Coverage.dependent
Definition

A unique identifier for a dependent under the coverage.
被保険者証の枝番。

Short被保険者証 枝番
Comments

Periodically the member number is constructed from the subscriberId and the dependent number.
被保険者証の枝番を全角で格納する。

Requirements

For some coverages a single identifier is issued to the Subscriber and then a unique dependent number is issued to each beneficiary.
一部の補償では、単一の識別子が加入者に発行され、次に一意の従属番号が各受益者に発行される。
一部の保険では、単一の識別子が加入者に発行され、その後、各受益者に固有の扶養番号が発行される。
【JP Core仕様】医療保険で本リソースを使用する場合には、この要素に拡張 InsuredPersonSubNumberに設定した値と同じ、被保険者番号の枝番号全角2桁を設定する。
例:"00"

26. Coverage.relationship
Definition

The relationship of beneficiary (patient) to the subscriber.
受益者(患者)と加入者の関係。

ShortBeneficiary relationship to the subscriber 加入者との受益者関係
Comments

Typically, an individual uses policies which are theirs (relationship='self') before policies owned by others.
一般的に、個人は、他人が所有するポリシよりも、自分のポリシ(relationship='self')を使用する。

Requirements

To determine relationship between the patient and the subscriber to determine coordination of benefits.
患者と加入者の関係を決定し、給付の調整を決定する。
【JP Core仕様】「処方情報 HL7FHIR 記述仕様」等で使用される被保険者区分コード(system=”urn:oid:1.2.392.100495.20.2.62”)として、https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000342368.pdf の別表12が使用できる。
 1 被保険者
 2 被扶養者

28. Coverage.period
Definition

Time period during which the coverage is in force. A missing start date indicates the start date isn't known, a missing end date means the coverage is continuing to be in force.
補償範囲が有効である期間。開始日が欠落している場合は、開始日が不明であることを示す。終了日が欠落している場合は、補償範囲が引き続き有効であることを意味する。

Comments

A Period specifies a range of time; the context of use will specify whether the entire range applies (e.g. "the patient was an inpatient of the hospital for this time range") or one value from the range applies (e.g. "give to the patient between these two times"). Period is not used for a duration (a measure of elapsed time). See Duration.
Period(期間)は時間の範囲を指定する。使用状況は、範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「この2回の間に患者に投与する」)を指定する。
Period(期間)は、Duration(時間区間=経過時間の測定値)には使用されない。 [Duration](datatypes.html#Duration)を参照のこと。
This is not a duration - that's a measure of time (a separate type), but a duration that occurs at a fixed value of time. A Period specifies a range of time; the context of use will specify whether the entire range applies (e.g. "the patient was an inpatient of the hospital for this time range") or one value from the range applies (e.g. "give to the patient between these two times"). If duration is required, specify the type as Interval|Duration.
これはDuration(時間区間)ではない- Durationは時間の尺度(別のタイプ)だが、時間の固定値で発生する時間区間である。Period(期間)は時間の範囲を指定する。使用状況は、範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「この2回の間に患者に投与する」)を指定する。もし、Duration(時間区間)が必要な場合は、タイプをInterval | Durationとして指定する。
これは期間ではなく-これは時間の尺度(別のタイプ)あるが、時間の固定値で発生する期間である。期間は時間の範囲を指定する。使用状況は、範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、または範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「これら2回の間に患者に与える」)を指定する。期間が必要な場合は、タイプをInterval | Durationとして指定する。
【JP Core仕様】医療保険、公費で本リソースを使用する場合には、保険証または公費の有効期間の開始日、終了日をstart とendに yyyy-mm-dd形式で設定する。

Requirements

Some insurers require the submission of the coverage term.
保険会社によっては、補償期間の提出を義務付けているところもある。

30. Coverage.payor
Definition

The program or plan underwriter or payor including both insurance and non-insurance agreements, such as patient-pay agreements.
患者負担契約などの保険契約と保険外契約の両方を含むプログラムまたはプランの引受人または支払人。

Comments

May provide multiple identifiers such as insurance company identifier or business identifier (BIN number). For selfpay it may provide multiple paying persons and/or organizations.
保険会社の識別子や事業者の識別子(BIN番号)など、複数の識別子を提供してもよい。自己負担の場合は、複数の支払者および/または組織を提供してもよい。

TypeReference(JP Core Organization Profile, JP Core Patient Profile, RelatedPerson)
Requirements

Need to identify the issuer to target for claim processing and for coordination of benefit processing.
請求処理および給付処理の調整の対象となる発行者を特定する必要がある。
【JP Core仕様】医療保険で本リソースを使用する場合には、保険者組織Organizationリソースへの参照。自費の場合には、患者Patientリソースへの参照。公費の場合には、公費負担者組織Organizationリソースへの参照。

32. Coverage.class
Definition

A suite of underwriter specific classifiers.
保険事業者の分類子

Comments

For example may be used to identify a class of coverage or employer group, Policy, Plan.
例えば、保険の種類または雇用者グループ、保険契約、Planを識別するために使用することができる。

Requirements

The codes provided on the health card which identify or confirm the specific policy for the insurer.
健康カードに記載されているコードで、保険者の特定の保険契約を識別または確認するもの。

34. Coverage.class.type
Definition

The type of classification for which an insurer-specific class label or number and optional name is provided, for example may be used to identify a class of coverage or employer group, Policy, Plan.
保険者固有のクラスラベルまたは番号、任意の名前が提供されている分類のタイプを表す。例えば、保険のクラスまたは雇用者グループ、保険契約、Planを識別するために使用することができる。

Comments

Not all terminology uses fit this general pattern. In some cases, models should not use CodeableConcept and use Coding directly and provide their own structure for managing text, codings, translations and the relationship between elements and pre- and post-coordination.
すべての用語の使用がこの一般的なパターンに適合するわけではない。いくつかのケースでは、モデルはCodeableConceptを使用せず、Codingを直接使用し、テキスト、コーディング、翻訳、要素間の関係、および前後の調整を管理するための独自の構造を提供することが望ましい。

Requirements

The insurer issued label for a specific health card value.
保険者が発行した特定の健康カード番号のラベル。

36. Coverage.class.value
Definition

The alphanumeric string value associated with the insurer issued label.
保険者が発行したラベルに関連付けられた英数字の文字列値。

Comments

For example, the Group or Plan number.
例えば、グループ番号やプラン番号など。

Requirements

The insurer issued label and value are necessary to identify the specific policy.
保険者が発行したラベルと値は、特定の保険契約を識別するために必要なものである。

38. Coverage.class.name
Definition

A short description for the class.
保険種類の簡単な説明。

Requirements

Used to provide a meaningful description in correspondence to the patient.
患者に対応するのに意味のある説明をするために使用する。

40. Coverage.order
Definition

The order of applicability of this coverage relative to other coverages which are currently in force. Note, there may be gaps in the numbering and this does not imply primary, secondary etc. as the specific positioning of coverages depends upon the episode of care.
現在適用されている他の保障と比較して、この保障の適用可能性が高い順に記載されている。なお、ナンバリングにギャップがある場合があり、カバーの具体的な位置づけはケアのエピソードに依存するため、一次、二次などを意味するものではない。

Comments

32 bit number; for values larger than this, use decimal
32 ビットの数値、これより大きい値の場合は 10 進数を使用する。

Requirements

Used in managing the coordination of benefits.
保険給付の調整管理に使用する。
【JP Core仕様】公費情報で本リソースを使用する場合で、複数の公費負担情報がある場合に、その適用順序番号を示す1,2,3...を設定する。

42. Coverage.network
Definition

The insurer-specific identifier for the insurer-defined network of providers to which the beneficiary may seek treatment which will be covered at the 'in-network' rate, otherwise 'out of network' terms and conditions apply.
保険者が定義したプロバイダの保険者定義ネットワークの保険者固有の識別子で、被保険者が「ネットワーク内」の料金でカバーされる治療を受けることができるが、そうでなければ「ネットワーク外」の条件が適用される。

Requirements

Used in referral for treatment and in claims processing.
治療のための紹介や請求処理の際に使用する。

44. Coverage.costToBeneficiary
Definition

A suite of codes indicating the cost category and associated amount which have been detailed in the policy and may have been included on the health card.
ポリシに詳細が記載されており、ヘルスカードに含まれている可能性のあるコストカテゴリと関連する金額を示す一連のコード。

ShortPatient payments for services/products サービスやプロダクトに対する患者支払い
Comments

For example by knowing the patient visit co-pay, the provider can collect the amount prior to undertaking treatment.
例えば、患者の訪問時の自己負担額を知ることで、医療提供者は治療を行う前にその金額を回収することができる。
【JP Core仕様】公費の場合には自己負担率。判明している場合のみ設定する。

Requirements

Required by providers to manage financial transaction with the patient.
事業者が患者との金銭的な取引を管理するために必要となる。

46. Coverage.costToBeneficiary.type
Definition

The category of patient centric costs associated with treatment.
治療に伴う患者中心の費用のカテゴリー。

Comments

For example visit, specialist visits, emergency, inpatient care, etc.
例えば、訪問診療、専門医の訪問診療、救急診療、入院診療など。

Requirements

Needed to identify the category associated with the amount for the patient.
患者の金額に関連するカテゴリーを特定する必要があった。

48. Coverage.costToBeneficiary.type.coding
50. Coverage.costToBeneficiary.type.coding.system
Comments

The URI may be an OID (urn:oid:...) or a UUID (urn:uuid:...). OIDs and UUIDs SHALL be references to the HL7 OID registry. Otherwise, the URI should come from HL7's list of FHIR defined special URIs or it should reference to some definition that establishes the system clearly and unambiguously.
保険や公費における自己負担率の種別を識別するコード体系のコード。
"http://terminology.hl7.org/CodeSystem/coverage-copay-type"

52. Coverage.costToBeneficiary.type.coding.code
Comments

Note that FHIR strings SHALL NOT exceed 1MB in size
自己負担率を表すコード "copaypct"

54. Coverage.costToBeneficiary.value[x]
Definition

The amount due from the patient for the cost category.
費用区分の患者からの支払額。

Comments

Amount may be expressed as a percentage of the service/product cost or a fixed amount of currency.
金額は、サービス/製品のコストに対する割合で表現される場合と、通貨の固定額で表現される場合がある。

[x] NoteSee Choice of Data Types for further information about how to use [x]
Requirements

Needed to identify the amount for the patient associated with the category.
カテゴリーに関連する患者の支払い金額を特定する必要があった

56. Coverage.costToBeneficiary.exception
Definition

A suite of codes indicating exceptions or reductions to patient costs and their effective periods.
患者費用の例外または削減を示すコードとその有効期間を示すコード群。

Requirements

Required by providers to manage financial transaction with the patient.
事業者が患者との金銭的な取引を管理するために必要となる。

58. Coverage.costToBeneficiary.exception.type
Definition

The code for the specific exception.
特定の例外のコード。

Requirements

Needed to identify the exception associated with the amount for the patient.
患者の金額に関連する例外を特定する必要があった。

60. Coverage.costToBeneficiary.exception.period
Definition

The timeframe during when the exception is in force.
例外が発生している間の時間枠。

Requirements

Needed to identify the applicable timeframe for the exception for the correct calculation of patient costs.
患者の費用を正しく計算するための例外の適用時期を特定する必要があった。

62. Coverage.subrogation
Definition

When 'subrogation=true' this insurance instance has been included not for adjudication but to provide insurers with the details to recover costs.
subrogation=trueの場合、この保険インスタンスは裁定のためではなく、保険者に費用回収のための詳細を提供するために含まれている。 (subrogation=代位、subrogation payment=代位納付)

ShortReimbursement to insurer 保険者への償還
Comments

Typically, automotive and worker's compensation policies would be flagged with 'subrogation=true' to enable healthcare payors to collect against accident claims.
一般的に、自動車保険や労災保険では、医療費支払い者が事故請求に対して回収できるように、subrogation=true というフラグが立てられている。

Requirements

See definition for when to be used.
使用時期については定義を参照すること。

64. Coverage.contract
Definition

The policy(s) which constitute this insurance coverage.
この保険の適用範囲を構成するポリシ。

ShortContract details 契約の詳細
Comments

References SHALL be a reference to an actual FHIR resource, and SHALL be resolvable (allowing for access control, temporary unavailability, etc.). Resolution can be either by retrieval from the URL, or, where applicable by resource type, by treating an absolute reference as a canonical URL and looking it up in a local registry/repository.
参照は、実際のFHIRリソースへの参照である必要があり、解決可能(内容に到達可能)である必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

Requirements

To reference the legally binding contract between the policy holder and the insurer.
契約者と保険者との間の法的拘束力のある契約を参照するため。

Guidance on how to interpret the contents of this table can be found here

0. Coverage
Definition

Financial instrument which may be used to reimburse or pay for health care products and services. Includes both insurance and self-payment.
ヘルスケア製品およびサービスの償還または支払いに使用される可能性のある金融商品。 保険と自己負担の両方が含まれる。


ヘルスケア製品とサービスの払い戻しまたは支払いに使用できる金融商品。保険と自己支払いの両方が含まれています。 / Financial instrument which may be used to reimburse or pay for health care products and services. Includes both insurance and self-payment.

ShortInsurance or medical plan or a payment agreement 保険または医療費支払いプラン、または合意された支払い方法保険または医療計画、または支払い契約 / Insurance or medical plan or a payment agreement
Comments

The Coverage resource contains the insurance card level information, which is customary to provide on claims and other communications between providers and insurers.
Coverageには、保険証レベルの情報が含まれている。これは、保険金請求やプロバイダと保険会社間のその他の通信で提供するのが通例である。


補償リソースには、保険カードレベルの情報が含まれています。これは、プロバイダーと保険会社間の請求やその他の通信を提供するのが慣習です。 / The Coverage resource contains the insurance card level information, which is customary to provide on claims and other communications between providers and insurers.

Control0..*
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsdom-2: リソースが別のリソースに含まれている場合、ネストされたリソースを含めてはなりません / If the resource is contained in another resource, it SHALL NOT contain nested Resources (contained.contained.empty())
dom-3: リソースが別のリソースに含まれている場合、それはリソースの他の場所から参照されるか、含有リソースを参照するものとします / If the resource is contained in another resource, it SHALL be referred to from elsewhere in the resource or SHALL refer to the containing resource (contained.where((('#'+id in (%resource.descendants().reference | %resource.descendants().as(canonical) | %resource.descendants().as(uri) | %resource.descendants().as(url))) or descendants().where(reference = '#').exists() or descendants().where(as(canonical) = '#').exists() or descendants().where(as(canonical) = '#').exists()).not()).trace('unmatched', id).empty())
dom-4: リソースが別のリソースに含まれている場合、meta.versionidもmeta.lastupdatedも持ってはならない。 / If a resource is contained in another resource, it SHALL NOT have a meta.versionId or a meta.lastUpdated (contained.meta.versionId.empty() and contained.meta.lastUpdated.empty())
dom-5: 別のリソースにリソースが含まれている場合、セキュリティラベルはありません / If a resource is contained in another resource, it SHALL NOT have a security label (contained.meta.security.empty())
dom-6: リソースには、堅牢な管理のための叙述(Narative)が必要です / A resource should have narrative for robust management (text.`div`.exists())
2. Coverage.implicitRules
Definition

リソースが構築されたときに従った一連のルールへの参照。コンテンツの処理時に理解する必要があります。多くの場合、これは他のプロファイルなどとともに特別なルールを定義する実装ガイドへの参照です。 / A reference to a set of rules that were followed when the resource was constructed, and which must be understood when processing the content. Often, this is a reference to an implementation guide that defines the special rules along with other profiles etc.

Shortこのコンテンツが作成されたルールのセット / A set of rules under which this content was created
Comments

このルールセットを主張することは、コンテンツが限られた取引パートナーのセットによってのみ理解されることを制限します。これにより、本質的に長期的にデータの有用性が制限されます。ただし、既存の健康エコシステムは非常に破壊されており、一般的に計算可能な意味でデータを定義、収集、交換する準備ができていません。可能な限り、実装者や仕様ライターはこの要素の使用を避ける必要があります。多くの場合、使用する場合、URLは、これらの特別なルールを他のプロファイル、バリューセットなどとともに叙述(Narative)の一部として定義する実装ガイドへの参照です。 / Asserting this rule set restricts the content to be only understood by a limited set of trading partners. This inherently limits the usefulness of the data in the long term. However, the existing health eco-system is highly fractured, and not yet ready to define, collect, and exchange data in a generally computable sense. Wherever possible, implementers and/or specification writers should avoid using this element. Often, when used, the URL is a reference to an implementation guide that defines these special rules as part of it's narrative along with other profiles, value sets, etc.

Control0..1
Typeuri
Is Modifiertrue because 暗黙のルールは、意味または解釈を変更するリソースに関する追加の知識を提供する可能性があるため、この要素は修飾子としてラベル付けされています。 / This element is labeled as a modifier because the implicit rules may provide additional knowledge about the resource that modifies it's meaning or interpretation
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
4. Coverage.extension
Definition

An Extension


リソースの基本的な定義の一部ではない追加情報を表すために使用できます。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the resource. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension.

ShortExtension実装で定義された追加のコンテンツ / Additional content defined by implementations
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
SlicingThis element introduces a set of slices on Coverage.extension. The slices are unordered and Open, and can be differentiated using the following discriminators:
  • value @ url
6. Coverage.extension:insuredPersonSymbol
Slice NameinsuredPersonSymbol
Definition

健康保険における被保険者証記号を示す拡張

Short健康保険における被保険者証記号
Comments

健康保険における被保険者証記号を示す拡張。被保険者記号の全角文字列。

Control0..*
This element is affected by the following invariants: ele-1
TypeExtension(JP Core Coverage InsuredPersonSymbol Extension) (Extension Type: string)
Is Modifierfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
8. Coverage.extension:insuredPersonNumber
Slice NameinsuredPersonNumber
Definition

健康保険における被保険者証番号を示す拡張

Short健康保険における被保険者証番号
Comments

健康保険における被保険者証番号を示す拡張。被保険者記号の全角文字列。

Control0..*
This element is affected by the following invariants: ele-1
TypeExtension(JP Core Coverage InsuredPersonNumber Extension) (Extension Type: string)
Is Modifierfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
10. Coverage.extension:insuredPersonSubNumber
Slice NameinsuredPersonSubNumber
Definition

健康保険における被保険者証番号の枝番を示す拡張

Short健康保険における被保険者証番号の枝番
Comments

健康保険における被保険者証番号を示す拡張。2桁の全角数字文字列。一桁の場合には先頭に0をつけて2桁にする。

Control0..*
This element is affected by the following invariants: ele-1
TypeExtension(JP Core Coverage InsuredPersonSubNumber Extension) (Extension Type: string)
Is Modifierfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
12. Coverage.modifierExtension
Definition

リソースの基本的な定義の一部ではなく、それを含む要素の理解および/または含有要素の子孫の理解を変更するために使用される場合があります。通常、修飾子要素は否定または資格を提供します。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義することが許可されていますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。アプリケーションの処理リソースは、修飾子拡張機能をチェックする必要があります。

モディファイア拡張は、リソースまたはdomainResource上の要素の意味を変更してはなりません(修飾軸自体の意味を変更することはできません)。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the resource and that modifies the understanding of the element that contains it and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer is allowed to define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Short無視できない拡張機能 / Extensions that cannot be ignored
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because モディファイア拡張は、それらを含むリソースの意味または解釈を変更することが期待されています / Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the resource that contains them
Summaryfalse
Requirements

修飾子拡張機能により、安全に無視できる大部分の拡張機能と明確に区別できるように、安全に無視できない拡張機能が可能になります。これにより、実装者が拡張の存在を禁止する必要性を排除することにより、相互運用性が促進されます。詳細については、[修飾子拡張の定義](拡張性.html#modifierextension)を参照してください。 / Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
14. Coverage.identifier
Definition

A unique identifier assigned to this coverage.
このカバレッジに割り当てられた一意の識別子。


このカバレッジに割り当てられた一意の識別子。 / A unique identifier assigned to this coverage.

ShortBusiness Identifier for the coverage このカバレッジに割り当てられた一意の識別子【詳細参照】カバレッジのビジネス識別子 / Business Identifier for the coverage
Comments

The main (and possibly only) identifier for the coverage - often referred to as a Member Id, Certificate number, Personal Health Number or Case ID. May be constructed as the concatenation of the Coverage.SubscriberID and the Coverage.dependent.
カバレッジのメイン(および場合によっては唯一の)識別子-多くの場合、メンバID、証明書番号、個人の健康番号、またはケースIDと呼ばれる。
【JP Core仕様】被保険者記号と番号と枝番を全角にした上でダブルコーテーションで囲い、カンマ区切りで連結する。
ルール:"{被保険者記号}","{被保険者番号}","{枝番}"
例:"12-34","5678","00"


カバレッジのメイン(およびおそらくみの)識別子 - 多くの場合、メンバーID、証明書番号、個人の健康番号、またはケースIDと呼ばれます。カバレッジの連結として構築される場合があります。 / The main (and possibly only) identifier for the coverage - often referred to as a Member Id, Certificate number, Personal Health Number or Case ID. May be constructed as the concatenation of the Coverage.SubscriberID and the Coverage.dependant.

NoteThis is a business identifier, not a resource identifier (see discussion)
Control0..*
TypeIdentifier
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Allows coverages to be distinguished and referenced.
カバレッジを区別して参照できるようにする。


カバレッジを区別し、参照することができます。 / Allows coverages to be distinguished and referenced.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
16. Coverage.status
Definition

The status of the resource instance.
リソースインスタンスのステータス。


リソースインスタンスのステータス。 / The status of the resource instance.

Shortアクティブ|キャンセル|ドラフト|エラーに入った / active | cancelled | draft | entered-in-error
Comments

This element is labeled as a modifier because the status contains the code entered-in-error that marks the coverage as not currently valid.
ステータスには、カバレッジが現在無効であることを示すエラー入力されたコードが含まれているため、この要素は修飾子としてラベル付けされる。


この要素には、ステータスが現在有効ではないとカバレッジをマークするコードが入力されたコードが含まれているため、修飾子としてラベル付けされています。 / This element is labeled as a modifier because the status contains the code entered-in-error that marks the coverage as not currently valid.

Control1..1
BindingThe codes SHALL be taken from FinancialResourceStatusCodeshttp://hl7.org/fhir/ValueSet/fm-status|4.0.1
(required to http://hl7.org/fhir/ValueSet/fm-status|4.0.1
Typecode
Is Modifiertrue because この要素は、リソースを有効として扱うべきではないことを意味するステータスに入力されたステータスを含むステータス要素であるため、修飾子としてラベル付けされています。 / This element is labelled as a modifier because it is a status element that contains status entered-in-error which means that the resource should not be treated as valid
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

Need to track the status of the resource as 'draft' resources may undergo further edits while 'active' resources are immutable and may only have their status changed to 'cancelled'.
「ドラフト」リソースはさらに編集される可能性があり、「アクティブ」リソースは不変であり、ステータスが「キャンセル」に変更されるだけである可能性があるため、リソースのステータスを追跡する必要がある。


「ドラフト」リソースがさらに編集される可能性があるため、リソースのステータスを追跡する必要がありますが、「アクティブ」リソースは不変であり、ステータスが「キャンセル」に変更される場合があります。 / Need to track the status of the resource as 'draft' resources may undergo further edits while 'active' resources are immutable and may only have their status changed to 'cancelled'.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
18. Coverage.type
Definition

The type of coverage: social program, medical plan, accident coverage (workers compensation, auto), group health or payment by an individual or organization.
補償の種類:社会プログラム、医療計画、事故補償(労働者災害補償、自動車)、グループの健康、または個人または組織による支払い。


カバレッジの種類:社会プログラム、医療計画、事故補償(労働者補償、自動車)、グループの健康または個人または組織による支払い。 / The type of coverage: social program, medical plan, accident coverage (workers compensation, auto), group health or payment by an individual or organization.

ShortCoverage category such as medical or accident 医療保険や事故補償のような分類医療や事故などの補償カテゴリ / Coverage category such as medical or accident
Comments

Not all terminology uses fit this general pattern. In some cases, models should not use CodeableConcept and use Coding directly and provide their own structure for managing text, codings, translations and the relationship between elements and pre- and post-coordination.
すべてのターミノロジの使用がこの一般的なパターンに適合するわけではない。場合によっては、モデルはCodeableConceptを使用せず、コーディングを直接使用して、テキスト、コーディング、翻訳、および要素間の関係とpre-coordinationとpost-coordinationの用語関係を管理するための独自の構造を提供する必要がある。
【JP Core仕様】「処方情報 HL7FHIR 記述仕様」等で使用される保険種別コード(system=”urn:oid:1.2.392.100495.20.2.61”)として、https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000342368.pdf の別表11が使用している例があげられている。JP Coreとして本項目に対する用語のバインドは現時点では定義するまでに至っていない。

Control0..1
BindingThe codes SHOULD be taken from CoverageTypeAndSelf-PayCodeshttp://hl7.org/fhir/ValueSet/coverage-type
(preferred to http://hl7.org/fhir/ValueSet/coverage-type
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

The order of application of coverages is dependent on the types of coverage.
カバレッジの適用順序は、カバレッジのタイプによって異なる。


カバレッジの適用順序は、カバレッジの種類に依存します。 / The order of application of coverages is dependent on the types of coverage.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
20. Coverage.policyHolder
Definition

The party who 'owns' the insurance policy.
保険証券を「所有する」当事者。


保険契約を「所有」する当事者。 / The party who 'owns' the insurance policy.

ShortOwner of the policy ポリシの所有者ポリシーの所有者 / Owner of the policy
Comments

For example: may be an individual, corporation or the subscriber's employer.
例:個人、企業、または加入者の雇用主である可能性がある。


たとえば、個人、企業、または加入者の雇用主である場合があります。 / For example: may be an individual, corporation or the subscriber's employer.

Control0..1
TypeReference(JP Core Patient Profile, RelatedPerson, JP Core Organization Profile, Patient, Organization)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

This provides employer information in the case of Worker's Compensation and other policies.
これは、労働者災害補償およびその他のポリシの場合に雇用者情報を提供する。


これにより、労働者の補償およびその他のポリシーの場合、雇用主情報が提供されます。 / This provides employer information in the case of Worker's Compensation and other policies.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
22. Coverage.subscriber
Definition

The party who has signed-up for or 'owns' the contractual relationship to the policy or to whom the benefit of the policy for services rendered to them or their family is due.
ポリシにサインアップした、またはポリシとの契約関係を「所有」している当事者、またはポリシの利益が彼らまたはその家族に提供されることになっている当事者。


ポリシーとの契約上の関係、または彼らまたはその家族に提供されたサービスのためのポリシーの利益の利益に契約上の関係にサインアップまたは「所有」した当事者。 / The party who has signed-up for or 'owns' the contractual relationship to the policy or to whom the benefit of the policy for services rendered to them or their family is due.

ShortSubscriber to the policy 被保険者ポリシーのサブスクライバー / Subscriber to the policy
Comments

May be self or a parent in the case of dependents.
扶養家族の場合、自己または親である可能性がある。


扶養家族の場合の自己または親である可能性があります。 / May be self or a parent in the case of dependants.

Control0..1
TypeReference(JP Core Patient Profile, RelatedPerson, Patient)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

This is the party who is entitled to the benefits under the policy.
これは、ポリシに基づいて給付を受ける権利を有する当事者である。


これは、ポリシーに基づく利益を受ける権利がある当事者です。 / This is the party who is entitled to the benfits under the policy.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
24. Coverage.subscriberId
Definition

The insurer assigned ID for the Subscriber.
被保険者に保険者が割り当てたID


保険会社は、サブスクライバーにIDを割り当てました。 / The insurer assigned ID for the Subscriber.

ShortID assigned to the subscriber 被保険者に割り当てられたIDサブスクライバーに割り当てられたID / ID assigned to the subscriber
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

The insurer requires this identifier on correspondence and claims (digital and otherwise).
保険者は、連絡や請求(デジタルおよびその他)でこの識別子を要求する。
保険会社は、通信および請求(デジタルおよびその他)でこの識別子を要求する。
【JP Core仕様】被保険者記号と番号を全角にした上でダブルコーテーションで囲い、カンマ区切りで連結する。
ルール:"{被保険者記号}","{被保険者番号}"
例:"12-34","5678"


保険会社は、この識別子が通信と請求(デジタルおよびその他)に関するものを要求します。 / The insurer requires this identifier on correspondance and claims (digital and otherwise).

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
26. Coverage.beneficiary
Definition

The party who benefits from the insurance coverage; the patient when products and/or services are provided.
保険適用から利益を得る当事者、製品および/またはサービスが提供される際の患者。


保険補償の恩恵を受ける当事者。製品やサービスが提供されるときの患者。 / The party who benefits from the insurance coverage; the patient when products and/or services are provided.

Short受益者を計画します / Plan beneficiary
Comments

References SHALL be a reference to an actual FHIR resource, and SHALL be resolvable (allowing for access control, temporary unavailability, etc.). Resolution can be either by retrieval from the URL, or, where applicable by resource type, by treating an absolute reference as a canonical URL and looking it up in a local registry/repository.
参照は、実際のFHIRリソースへの参照である必要があり、解決可能(内容に到達可能)である必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。
【JP Core仕様】患者Patientリソースへの参照。

Control1..1
TypeReference(JP Core Patient Profile, Patient)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

This is the party who receives treatment for which the costs are reimbursed under the coverage.
これは、補償の下で費用が償還される治療を受ける側のことである。


これは、補償の下で費用が払い戻される治療を受ける当事者です。 / This is the party who receives treatment for which the costs are reimbursed under the coverage.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
28. Coverage.dependent
Definition

A unique identifier for a dependent under the coverage.
被保険者証の枝番。


カバレッジの下で依存者のための一意の識別子。 / A unique identifier for a dependent under the coverage.

Short被保険者証 枝番従属番号 / Dependent number
Comments

Periodically the member number is constructed from the subscriberId and the dependent number.
被保険者証の枝番を全角で格納する。


定期的にメンバー番号は、サブクライベリッドおよび従属番号から構築されます。 / Periodically the member number is constructed from the subscriberId and the dependant number.

Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

For some coverages a single identifier is issued to the Subscriber and then a unique dependent number is issued to each beneficiary.
一部の補償では、単一の識別子が加入者に発行され、次に一意の従属番号が各受益者に発行される。
一部の保険では、単一の識別子が加入者に発行され、その後、各受益者に固有の扶養番号が発行される。
【JP Core仕様】医療保険で本リソースを使用する場合には、この要素に拡張 InsuredPersonSubNumberに設定した値と同じ、被保険者番号の枝番号全角2桁を設定する。
例:"00"


一部のカバレッジの場合、単一の識別子がサブスクライバーに発行され、その後、各受益者に一意の依存番号が発行されます。 / For some coverages a single identifier is issued to the Subscriber and then a unique dependent number is issued to each beneficiary.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
30. Coverage.relationship
Definition

The relationship of beneficiary (patient) to the subscriber.
受益者(患者)と加入者の関係。


受益者(患者)とサブスクライバーとの関係。 / The relationship of beneficiary (patient) to the subscriber.

ShortBeneficiary relationship to the subscriber 加入者との受益者関係加入者との受益者関係 / Beneficiary relationship to the subscriber
Comments

Typically, an individual uses policies which are theirs (relationship='self') before policies owned by others.
一般的に、個人は、他人が所有するポリシよりも、自分のポリシ(relationship='self')を使用する。


通常、個人は、他の人が所有するポリシーの前に自分のポリシー(関係= 'self')を使用します。 / Typically, an individual uses policies which are theirs (relationship='self') before policies owned by others.

Control0..1
BindingUnless not suitable, these codes SHALL be taken from SubscriberRelationshipCodeshttp://hl7.org/fhir/ValueSet/subscriber-relationship
(extensible to http://hl7.org/fhir/ValueSet/subscriber-relationship
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Requirements

To determine relationship between the patient and the subscriber to determine coordination of benefits.
患者と加入者の関係を決定し、給付の調整を決定する。
【JP Core仕様】「処方情報 HL7FHIR 記述仕様」等で使用される被保険者区分コード(system=”urn:oid:1.2.392.100495.20.2.62”)として、https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000342368.pdf の別表12が使用できる。
 1 被保険者
 2 被扶養者


患者とサブスクライバーの関係を決定して、利益の調整を決定します。 / To determine relationship between the patient and the subscriber to determine coordination of benefits.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
32. Coverage.period
Definition

Time period during which the coverage is in force. A missing start date indicates the start date isn't known, a missing end date means the coverage is continuing to be in force.
補償範囲が有効である期間。開始日が欠落している場合は、開始日が不明であることを示す。終了日が欠落している場合は、補償範囲が引き続き有効であることを意味する。


カバレッジが有効な期間。開始日の欠落は、開始日がわからないことを示し、終了日が欠落しているということは、カバレッジが引き続き有効になっていることを意味します。 / Time period during which the coverage is in force. A missing start date indicates the start date isn't known, a missing end date means the coverage is continuing to be in force.

Shortカバレッジの開始日と終了日 / Coverage start and end dates
Comments

A Period specifies a range of time; the context of use will specify whether the entire range applies (e.g. "the patient was an inpatient of the hospital for this time range") or one value from the range applies (e.g. "give to the patient between these two times"). Period is not used for a duration (a measure of elapsed time). See Duration.
Period(期間)は時間の範囲を指定する。使用状況は、範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「この2回の間に患者に投与する」)を指定する。
Period(期間)は、Duration(時間区間=経過時間の測定値)には使用されない。 [Duration](datatypes.html#Duration)を参照のこと。
This is not a duration - that's a measure of time (a separate type), but a duration that occurs at a fixed value of time. A Period specifies a range of time; the context of use will specify whether the entire range applies (e.g. "the patient was an inpatient of the hospital for this time range") or one value from the range applies (e.g. "give to the patient between these two times"). If duration is required, specify the type as Interval|Duration.
これはDuration(時間区間)ではない- Durationは時間の尺度(別のタイプ)だが、時間の固定値で発生する時間区間である。Period(期間)は時間の範囲を指定する。使用状況は、範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「この2回の間に患者に投与する」)を指定する。もし、Duration(時間区間)が必要な場合は、タイプをInterval | Durationとして指定する。
これは期間ではなく-これは時間の尺度(別のタイプ)あるが、時間の固定値で発生する期間である。期間は時間の範囲を指定する。使用状況は、範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、または範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「これら2回の間に患者に与える」)を指定する。期間が必要な場合は、タイプをInterval | Durationとして指定する。
【JP Core仕様】医療保険、公費で本リソースを使用する場合には、保険証または公費の有効期間の開始日、終了日をstart とendに yyyy-mm-dd形式で設定する。

Control0..1
TypePeriod
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Some insurers require the submission of the coverage term.
保険会社によっては、補償期間の提出を義務付けているところもある。


一部の保険会社は、補償期間の提出を要求しています。 / Some insurers require the submission of the coverage term.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
34. Coverage.payor
Definition

The program or plan underwriter or payor including both insurance and non-insurance agreements, such as patient-pay agreements.
患者負担契約などの保険契約と保険外契約の両方を含むプログラムまたはプランの引受人または支払人。


患者支払契約など、保険および非保険契約の両方を含むプログラムまたはプランの引受会社または支払人。 / The program or plan underwriter or payor including both insurance and non-insurance agreements, such as patient-pay agreements.

Shortポリシーの発行者 / Issuer of the policy
Comments

May provide multiple identifiers such as insurance company identifier or business identifier (BIN number). For selfpay it may provide multiple paying persons and/or organizations.
保険会社の識別子や事業者の識別子(BIN番号)など、複数の識別子を提供してもよい。自己負担の場合は、複数の支払者および/または組織を提供してもよい。


保険会社の識別子やビジネス識別子(BIN番号)などの複数の識別子を提供する場合があります。 自己支払いの場合、複数の支払い担当者や組織を提供する場合があります。 / May provide multiple identifiers such as insurance company identifier or business identifier (BIN number). For selfpay it may provide multiple paying persons and/or organizations.

Control1..*
TypeReference(JP Core Organization Profile, JP Core Patient Profile, RelatedPerson, Organization, Patient)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Need to identify the issuer to target for claim processing and for coordination of benefit processing.
請求処理および給付処理の調整の対象となる発行者を特定する必要がある。
【JP Core仕様】医療保険で本リソースを使用する場合には、保険者組織Organizationリソースへの参照。自費の場合には、患者Patientリソースへの参照。公費の場合には、公費負担者組織Organizationリソースへの参照。


請求処理と福利厚生処理の調整のためにターゲットにする発行者を特定する必要があります。 / Need to identify the issuer to target for claim processing and for coordination of benefit processing.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
36. Coverage.class
Definition

A suite of underwriter specific classifiers.
保険事業者の分類子


アンダーライター固有の分類器のスイート。 / A suite of underwriter specific classifiers.

Short追加のカバレッジ分類 / Additional coverage classifications
Comments

For example may be used to identify a class of coverage or employer group, Policy, Plan.
例えば、保険の種類または雇用者グループ、保険契約、Planを識別するために使用することができる。


たとえば、補償範囲のクラスまたは雇用主グループ、ポリシー、計画を特定するために使用できます。 / For example may be used to identify a class of coverage or employer group, Policy, Plan.

Control0..*
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Requirements

The codes provided on the health card which identify or confirm the specific policy for the insurer.
健康カードに記載されているコードで、保険者の特定の保険契約を識別または確認するもの。


保険会社の特定のポリシーを識別または確認するヘルスカードに提供されるコード。 / The codes provided on the health card which identify or confirm the specific policy for the insurer.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
38. Coverage.class.modifierExtension
Definition

要素の基本的な定義の一部ではなく、それが含まれている要素の理解、および/または含まれる要素の子孫の理解を変更するために使用される場合があります。通常、修飾子要素は否定または資格を提供します。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。アプリケーションの処理リソースは、修飾子拡張機能をチェックする必要があります。

モディファイア拡張は、リソースまたはdomainResource上の要素の意味を変更してはなりません(修飾軸自体の意味を変更することはできません)。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Short認識されていなくても無視できない拡張機能 / Extensions that cannot be ignored even if unrecognized
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because 修飾子拡張は、それらを含む要素の意味または解釈を変更することが期待されています / Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

修飾子拡張機能により、安全に無視できる大部分の拡張機能と明確に区別できるように、安全に無視できない拡張機能が可能になります。これにより、実装者が拡張の存在を禁止する必要性を排除することにより、相互運用性が促進されます。詳細については、[修飾子拡張の定義](拡張性.html#modifierextension)を参照してください。 / Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
40. Coverage.class.type
Definition

The type of classification for which an insurer-specific class label or number and optional name is provided, for example may be used to identify a class of coverage or employer group, Policy, Plan.
保険者固有のクラスラベルまたは番号、任意の名前が提供されている分類のタイプを表す。例えば、保険のクラスまたは雇用者グループ、保険契約、Planを識別するために使用することができる。


たとえば、保険会社固有のクラスラベルまたはオプション名とオプション名が提供される分類のタイプを使用して、補償範囲のクラスまたは雇用主グループ、ポリシー、計画を特定することができます。 / The type of classification for which an insurer-specific class label or number and optional name is provided, for example may be used to identify a class of coverage or employer group, Policy, Plan.

Short「グループ」や「計画」などのクラスのタイプ / Type of class such as 'group' or 'plan'
Comments

Not all terminology uses fit this general pattern. In some cases, models should not use CodeableConcept and use Coding directly and provide their own structure for managing text, codings, translations and the relationship between elements and pre- and post-coordination.
すべての用語の使用がこの一般的なパターンに適合するわけではない。いくつかのケースでは、モデルはCodeableConceptを使用せず、Codingを直接使用し、テキスト、コーディング、翻訳、要素間の関係、および前後の調整を管理するための独自の構造を提供することが望ましい。

Control1..1
BindingUnless not suitable, these codes SHALL be taken from CoverageClassCodeshttp://hl7.org/fhir/ValueSet/coverage-class
(extensible to http://hl7.org/fhir/ValueSet/coverage-class
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

The insurer issued label for a specific health card value.
保険者が発行した特定の健康カード番号のラベル。


保険会社は、特定のヘルスカード価値のためにラベルを発行しました。 / The insurer issued label for a specific health card value.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
42. Coverage.class.value
Definition

The alphanumeric string value associated with the insurer issued label.
保険者が発行したラベルに関連付けられた英数字の文字列値。


保険会社が発行したラベルに関連付けられた英数字の文字列値。 / The alphanumeric string value associated with the insurer issued label.

Shortタイプに関連付けられた値 / Value associated with the type
Comments

For example, the Group or Plan number.
例えば、グループ番号やプラン番号など。


たとえば、グループまたはプラン番号。 / For example, the Group or Plan number.

Control1..1
Typestring
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

The insurer issued label and value are necessary to identify the specific policy.
保険者が発行したラベルと値は、特定の保険契約を識別するために必要なものである。


特定のポリシーを特定するには、保険会社が発行したラベルと価値が必要です。 / The insurer issued label and value are necessary to identify the specific policy.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
44. Coverage.class.name
Definition

A short description for the class.
保険種類の簡単な説明。


クラスの簡単な説明。 / A short description for the class.

Shortタイプと価値の人間の読み取り可能な説明 / Human readable description of the type and value
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

Used to provide a meaningful description in correspondence to the patient.
患者に対応するのに意味のある説明をするために使用する。


患者への対応で意味のある説明を提供するために使用されます。 / Used to provide a meaningful description in correspondence to the patient.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
46. Coverage.order
Definition

The order of applicability of this coverage relative to other coverages which are currently in force. Note, there may be gaps in the numbering and this does not imply primary, secondary etc. as the specific positioning of coverages depends upon the episode of care.
現在適用されている他の保障と比較して、この保障の適用可能性が高い順に記載されている。なお、ナンバリングにギャップがある場合があり、カバーの具体的な位置づけはケアのエピソードに依存するため、一次、二次などを意味するものではない。


現在施行されている他のカバレッジに対するこのカバレッジの適用可能性の順序。注意してください。番号付けにはギャップがあり、これはプライマリ、セカンダリなどを意味するものではありません。カバレッジの特定のポジショニングはケアのエピソードに依存するためです。 / The order of applicability of this coverage relative to other coverages which are currently in force. Note, there may be gaps in the numbering and this does not imply primary, secondary etc. as the specific positioning of coverages depends upon the episode of care.

Shortカバレッジの相対順序 / Relative order of the coverage
Comments

32 bit number; for values larger than this, use decimal
32 ビットの数値、これより大きい値の場合は 10 進数を使用する。

Control0..1
TypepositiveInt
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

Used in managing the coordination of benefits.
保険給付の調整管理に使用する。
【JP Core仕様】公費情報で本リソースを使用する場合で、複数の公費負担情報がある場合に、その適用順序番号を示す1,2,3...を設定する。


利益の調整の管理に使用されます。 / Used in managing the coordination of benefits.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
48. Coverage.network
Definition

The insurer-specific identifier for the insurer-defined network of providers to which the beneficiary may seek treatment which will be covered at the 'in-network' rate, otherwise 'out of network' terms and conditions apply.
保険者が定義したプロバイダの保険者定義ネットワークの保険者固有の識別子で、被保険者が「ネットワーク内」の料金でカバーされる治療を受けることができるが、そうでなければ「ネットワーク外」の条件が適用される。


受益者が「ネットワーク内」レートでカバーされる治療を求める可能性のあるプロバイダーの保険会社が定義したネットワークの保険会社固有の識別子。 / The insurer-specific identifier for the insurer-defined network of providers to which the beneficiary may seek treatment which will be covered at the 'in-network' rate, otherwise 'out of network' terms and conditions apply.

Short保険会社ネットワーク / Insurer network
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

Used in referral for treatment and in claims processing.
治療のための紹介や請求処理の際に使用する。


治療および請求処理のための紹介で使用されます。 / Used in referral for treatment and in claims processing.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
50. Coverage.costToBeneficiary
Definition

A suite of codes indicating the cost category and associated amount which have been detailed in the policy and may have been included on the health card.
ポリシに詳細が記載されており、ヘルスカードに含まれている可能性のあるコストカテゴリと関連する金額を示す一連のコード。


ポリシーで詳述され、ヘルスカードに含まれている可能性があるコストカテゴリと関連する金額を示す一連のコード。 / A suite of codes indicating the cost category and associated amount which have been detailed in the policy and may have been included on the health card.

ShortPatient payments for services/products サービスやプロダクトに対する患者支払いサービス/製品の患者の支払い / Patient payments for services/products
Comments

For example by knowing the patient visit co-pay, the provider can collect the amount prior to undertaking treatment.
例えば、患者の訪問時の自己負担額を知ることで、医療提供者は治療を行う前にその金額を回収することができる。
【JP Core仕様】公費の場合には自己負担率。判明している場合のみ設定する。


たとえば、患者が共同支払いを訪問することを知ることにより、プロバイダーは治療を行う前に金額を収集できます。 / For example by knowing the patient visit co-pay, the provider can collect the amount prior to undertaking treatment.

Control0..*
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Requirements

Required by providers to manage financial transaction with the patient.
事業者が患者との金銭的な取引を管理するために必要となる。


医療提供者は、患者との金融取引を管理することを要求します。 / Required by providers to manage financial transaction with the patient.

Alternate NamesCoPay, Deductible, Exceptions
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
52. Coverage.costToBeneficiary.modifierExtension
Definition

要素の基本的な定義の一部ではなく、それが含まれている要素の理解、および/または含まれる要素の子孫の理解を変更するために使用される場合があります。通常、修飾子要素は否定または資格を提供します。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。アプリケーションの処理リソースは、修飾子拡張機能をチェックする必要があります。

モディファイア拡張は、リソースまたはdomainResource上の要素の意味を変更してはなりません(修飾軸自体の意味を変更することはできません)。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Short認識されていなくても無視できない拡張機能 / Extensions that cannot be ignored even if unrecognized
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because 修飾子拡張は、それらを含む要素の意味または解釈を変更することが期待されています / Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

修飾子拡張機能により、安全に無視できる大部分の拡張機能と明確に区別できるように、安全に無視できない拡張機能が可能になります。これにより、実装者が拡張の存在を禁止する必要性を排除することにより、相互運用性が促進されます。詳細については、[修飾子拡張の定義](拡張性.html#modifierextension)を参照してください。 / Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
54. Coverage.costToBeneficiary.type
Definition

The category of patient centric costs associated with treatment.
治療に伴う患者中心の費用のカテゴリー。


治療に関連する患者中心コストのカテゴリ。 / The category of patient centric costs associated with treatment.

Shortコストカテゴリ / Cost category
Comments

For example visit, specialist visits, emergency, inpatient care, etc.
例えば、訪問診療、専門医の訪問診療、救急診療、入院診療など。


たとえば、訪問、専門家訪問、緊急事態、入院患者ケアなど。 / For example visit, specialist visits, emergency, inpatient care, etc.

Control0..1
BindingUnless not suitable, these codes SHALL be taken from CoverageCopayTypeCodeshttp://hl7.org/fhir/ValueSet/coverage-copay-type
(extensible to http://hl7.org/fhir/ValueSet/coverage-copay-type
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Needed to identify the category associated with the amount for the patient.
患者の金額に関連するカテゴリーを特定する必要があった。


患者の金額に関連するカテゴリを特定する必要がありました。 / Needed to identify the category associated with the amount for the patient.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
56. Coverage.costToBeneficiary.value[x]
Definition

The amount due from the patient for the cost category.
費用区分の患者からの支払額。


コストカテゴリの患者からの金額。 / The amount due from the patient for the cost category.

Short受益者からの金額または割合 / The amount or percentage due from the beneficiary
Comments

Amount may be expressed as a percentage of the service/product cost or a fixed amount of currency.
金額は、サービス/製品のコストに対する割合で表現される場合と、通貨の固定額で表現される場合がある。


金額は、サービス/製品コストの割合または固定金額の通貨として表現できます。 / Amount may be expressed as a percentage of the service/product cost or a fixed amount of currency.

Control1..1
TypeChoice of: Quantity(SimpleQuantity), Money
[x] NoteSee Choice of Data Types for further information about how to use [x]
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Needed to identify the amount for the patient associated with the category.
カテゴリーに関連する患者の支払い金額を特定する必要があった


カテゴリに関連する患者の金額を特定する必要がありました。 / Needed to identify the amount for the patient associated with the category.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
58. Coverage.costToBeneficiary.exception
Definition

A suite of codes indicating exceptions or reductions to patient costs and their effective periods.
患者費用の例外または削減を示すコードとその有効期間を示すコード群。


患者コストの例外または削減とその有効期間を示す一連のコード。 / A suite of codes indicating exceptions or reductions to patient costs and their effective periods.

Short患者の支払いの例外 / Exceptions for patient payments
Control0..*
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Requirements

Required by providers to manage financial transaction with the patient.
事業者が患者との金銭的な取引を管理するために必要となる。


医療提供者は、患者との金融取引を管理することを要求します。 / Required by providers to manage financial transaction with the patient.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
60. Coverage.costToBeneficiary.exception.modifierExtension
Definition

要素の基本的な定義の一部ではなく、それが含まれている要素の理解、および/または含まれる要素の子孫の理解を変更するために使用される場合があります。通常、修飾子要素は否定または資格を提供します。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。アプリケーションの処理リソースは、修飾子拡張機能をチェックする必要があります。

モディファイア拡張は、リソースまたはdomainResource上の要素の意味を変更してはなりません(修飾軸自体の意味を変更することはできません)。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Short認識されていなくても無視できない拡張機能 / Extensions that cannot be ignored even if unrecognized
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because 修飾子拡張は、それらを含む要素の意味または解釈を変更することが期待されています / Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

修飾子拡張機能により、安全に無視できる大部分の拡張機能と明確に区別できるように、安全に無視できない拡張機能が可能になります。これにより、実装者が拡張の存在を禁止する必要性を排除することにより、相互運用性が促進されます。詳細については、[修飾子拡張の定義](拡張性.html#modifierextension)を参照してください。 / Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
62. Coverage.costToBeneficiary.exception.type
Definition

The code for the specific exception.
特定の例外のコード。


特定の例外のコード。 / The code for the specific exception.

Short例外カテゴリ / Exception category
Control1..1
BindingFor example codes, see ExampleCoverageFinancialExceptionCodeshttp://hl7.org/fhir/ValueSet/coverage-financial-exception
(example to http://hl7.org/fhir/ValueSet/coverage-financial-exception
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Needed to identify the exception associated with the amount for the patient.
患者の金額に関連する例外を特定する必要があった。


患者の量に関連する例外を特定する必要がありました。 / Needed to identify the exception associated with the amount for the patient.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
64. Coverage.costToBeneficiary.exception.period
Definition

The timeframe during when the exception is in force.
例外が発生している間の時間枠。


例外が有効になっている時の時間枠。 / The timeframe during when the exception is in force.

Short例外の有効期間 / The effective period of the exception
Control0..1
TypePeriod
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Needed to identify the applicable timeframe for the exception for the correct calculation of patient costs.
患者の費用を正しく計算するための例外の適用時期を特定する必要があった。


患者コストの正しい計算のために例外のために該当する時間枠を特定する必要がありました。 / Needed to identify the applicable timeframe for the exception for the correct calculation of patient costs.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
66. Coverage.subrogation
Definition

When 'subrogation=true' this insurance instance has been included not for adjudication but to provide insurers with the details to recover costs.
subrogation=trueの場合、この保険インスタンスは裁定のためではなく、保険者に費用回収のための詳細を提供するために含まれている。 (subrogation=代位、subrogation payment=代位納付)


「Subrogation = true」の場合、この保険インスタンスは裁定のためではなく、保険会社にコストを回収するための詳細を提供するために含まれています。 / When 'subrogation=true' this insurance instance has been included not for adjudication but to provide insurers with the details to recover costs.

ShortReimbursement to insurer 保険者への償還保険会社への払い戻し / Reimbursement to insurer
Comments

Typically, automotive and worker's compensation policies would be flagged with 'subrogation=true' to enable healthcare payors to collect against accident claims.
一般的に、自動車保険や労災保険では、医療費支払い者が事故請求に対して回収できるように、subrogation=true というフラグが立てられている。


通常、自動車および労働者の報酬ポリシーには、医療費が事故請求に対して収集できるようにするために、「代位=真」でフラグが付けられます。 / Typically, automotive and worker's compensation policies would be flagged with 'subrogation=true' to enable healthcare payors to collect against accident claims.

Control0..1
Typeboolean
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summaryfalse
Requirements

See definition for when to be used.
使用時期については定義を参照すること。


使用する時期については定義を参照してください。 / See definition for when to be used.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
68. Coverage.contract
Definition

The policy(s) which constitute this insurance coverage.
この保険の適用範囲を構成するポリシ。


この保険の補償を構成する保険。 / The policy(s) which constitute this insurance coverage.

ShortContract details 契約の詳細契約の詳細 / Contract details
Comments

References SHALL be a reference to an actual FHIR resource, and SHALL be resolvable (allowing for access control, temporary unavailability, etc.). Resolution can be either by retrieval from the URL, or, where applicable by resource type, by treating an absolute reference as a canonical URL and looking it up in a local registry/repository.
参照は、実際のFHIRリソースへの参照である必要があり、解決可能(内容に到達可能)である必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

Control0..*
TypeReference(Contract)
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Requirements

To reference the legally binding contract between the policy holder and the insurer.
契約者と保険者との間の法的拘束力のある契約を参照するため。


保険契約者と保険会社の間の法的拘束力のある契約を参照する。 / To reference the legally binding contract between the policy holder and the insurer.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))

Guidance on how to interpret the contents of this table can be found here

0. Coverage
Definition

Financial instrument which may be used to reimburse or pay for health care products and services. Includes both insurance and self-payment.
ヘルスケア製品およびサービスの償還または支払いに使用される可能性のある金融商品。 保険と自己負担の両方が含まれる。

ShortInsurance or medical plan or a payment agreement 保険または医療費支払いプラン、または合意された支払い方法
Comments

The Coverage resource contains the insurance card level information, which is customary to provide on claims and other communications between providers and insurers.
Coverageには、保険証レベルの情報が含まれている。これは、保険金請求やプロバイダと保険会社間のその他の通信で提供するのが通例である。

Control0..*
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsdom-2: リソースが別のリソースに含まれている場合、ネストされたリソースを含めてはなりません / If the resource is contained in another resource, it SHALL NOT contain nested Resources (contained.contained.empty())
dom-3: リソースが別のリソースに含まれている場合、それはリソースの他の場所から参照されるか、含有リソースを参照するものとします / If the resource is contained in another resource, it SHALL be referred to from elsewhere in the resource or SHALL refer to the containing resource (contained.where((('#'+id in (%resource.descendants().reference | %resource.descendants().as(canonical) | %resource.descendants().as(uri) | %resource.descendants().as(url))) or descendants().where(reference = '#').exists() or descendants().where(as(canonical) = '#').exists() or descendants().where(as(canonical) = '#').exists()).not()).trace('unmatched', id).empty())
dom-4: リソースが別のリソースに含まれている場合、meta.versionidもmeta.lastupdatedも持ってはならない。 / If a resource is contained in another resource, it SHALL NOT have a meta.versionId or a meta.lastUpdated (contained.meta.versionId.empty() and contained.meta.lastUpdated.empty())
dom-5: 別のリソースにリソースが含まれている場合、セキュリティラベルはありません / If a resource is contained in another resource, it SHALL NOT have a security label (contained.meta.security.empty())
dom-6: リソースには、堅牢な管理のための叙述(Narative)が必要です / A resource should have narrative for robust management (text.`div`.exists())
2. Coverage.id
Definition

リソースのURLで使用されるリソースの論理ID。割り当てられたら、この値は変更されません。 / The logical id of the resource, as used in the URL for the resource. Once assigned, this value never changes.

Shortこのアーティファクトの論理ID / Logical id of this artifact
Comments

リソースにIDがないのは、IDが作成操作を使用してサーバーに送信されている場合です。 / The only time that a resource does not have an id is when it is being submitted to the server using a create operation.

Control0..1
Typeid
Is Modifierfalse
Summarytrue
4. Coverage.meta
Definition

リソースに関するメタデータ。これは、インフラストラクチャによって維持されるコンテンツです。コンテンツの変更は、常にリソースのバージョンの変更に関連付けられているとは限りません。 / The metadata about the resource. This is content that is maintained by the infrastructure. Changes to the content might not always be associated with version changes to the resource.

Shortリソースに関するメタデータ / Metadata about the resource
Control0..1
TypeMeta
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
6. Coverage.implicitRules
Definition

リソースが構築されたときに従った一連のルールへの参照。コンテンツの処理時に理解する必要があります。多くの場合、これは他のプロファイルなどとともに特別なルールを定義する実装ガイドへの参照です。 / A reference to a set of rules that were followed when the resource was constructed, and which must be understood when processing the content. Often, this is a reference to an implementation guide that defines the special rules along with other profiles etc.

Shortこのコンテンツが作成されたルールのセット / A set of rules under which this content was created
Comments

このルールセットを主張することは、コンテンツが限られた取引パートナーのセットによってのみ理解されることを制限します。これにより、本質的に長期的にデータの有用性が制限されます。ただし、既存の健康エコシステムは非常に破壊されており、一般的に計算可能な意味でデータを定義、収集、交換する準備ができていません。可能な限り、実装者や仕様ライターはこの要素の使用を避ける必要があります。多くの場合、使用する場合、URLは、これらの特別なルールを他のプロファイル、バリューセットなどとともに叙述(Narative)の一部として定義する実装ガイドへの参照です。 / Asserting this rule set restricts the content to be only understood by a limited set of trading partners. This inherently limits the usefulness of the data in the long term. However, the existing health eco-system is highly fractured, and not yet ready to define, collect, and exchange data in a generally computable sense. Wherever possible, implementers and/or specification writers should avoid using this element. Often, when used, the URL is a reference to an implementation guide that defines these special rules as part of it's narrative along with other profiles, value sets, etc.

Control0..1
Typeuri
Is Modifiertrue because 暗黙のルールは、意味または解釈を変更するリソースに関する追加の知識を提供する可能性があるため、この要素は修飾子としてラベル付けされています。 / This element is labeled as a modifier because the implicit rules may provide additional knowledge about the resource that modifies it's meaning or interpretation
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
8. Coverage.language
Definition

リソースが書かれている基本言語。 / The base language in which the resource is written.

Shortリソースコンテンツの言語 / Language of the resource content
Comments

言語は、インデックス作成とアクセシビリティをサポートするために提供されます(通常、テキストから音声までのサービスなどのサービスが言語タグを使用します)。叙述(Narative)のHTML言語タグは、叙述(Narative)に適用されます。リソース上の言語タグを使用して、リソース内のデータから生成された他のプレゼンテーションの言語を指定できます。すべてのコンテンツが基本言語である必要はありません。リソース。言語は、叙述(Narative)に自動的に適用されると想定されるべきではありません。言語が指定されている場合、HTMLのDIV要素にも指定されている場合(XML:LangとHTML Lang属性の関係については、HTML5のルールを参照してください)。 / Language is provided to support indexing and accessibility (typically, services such as text to speech use the language tag). The html language tag in the narrative applies to the narrative. The language tag on the resource may be used to specify the language of other presentations generated from the data in the resource. Not all the content has to be in the base language. The Resource.language should not be assumed to apply to the narrative automatically. If a language is specified, it should it also be specified on the div element in the html (see rules in HTML5 for information about the relationship between xml:lang and the html lang attribute).

Control0..1
BindingThe codes SHOULD be taken from CommonLanguages
(preferred to http://hl7.org/fhir/ValueSet/languages
Typecode
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
10. Coverage.text
Definition

リソースの概要を含み、人間へのリソースの内容を表すために使用できる人間の読み取り可能な叙述(Narative)。叙述(Narative)はすべての構造化されたデータをエンコードする必要はありませんが、人間が叙述(Narative)を読むだけで「臨床的に安全」にするために十分な詳細を含める必要があります。リソースの定義は、臨床的安全を確保するために、叙述(Narative)で表現するコンテンツを定義する場合があります。 / A human-readable narrative that contains a summary of the resource and can be used to represent the content of the resource to a human. The narrative need not encode all the structured data, but is required to contain sufficient detail to make it "clinically safe" for a human to just read the narrative. Resource definitions may define what content should be represented in the narrative to ensure clinical safety.

Short人間の解釈のためのリソースのテキスト概要 / Text summary of the resource, for human interpretation
Comments

含まれるリソースには叙述(Narative)がありません。含まれていないリソースには叙述(Narative)が必要です。場合によっては、リソースには、追加の個別のデータがほとんどまたはまったくないテキストのみがあります(すべてのMinoccur = 1要素が満たされている限り)。これは、情報がtext blob (バイナリー ラージ オブジェクト)としてキャプチャされるレガシーシステムからのデータ、またはテキストが生またはナレーションされ、エンコードされた情報が後で追加される場合に必要になる場合があります。 / Contained resources do not have narrative. Resources that are not contained SHOULD have a narrative. In some cases, a resource may only have text with little or no additional discrete data (as long as all minOccurs=1 elements are satisfied). This may be necessary for data from legacy systems where information is captured as a "text blob" or where text is additionally entered raw or narrated and encoded information is added later.

Control0..1
TypeNarrative
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesnarrative, html, xhtml, display
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
12. Coverage.contained
Definition

これらのリソースには、それらを含むリソースを除いて独立した存在はありません - 独立して特定することはできず、独自の独立したトランザクションスコープを持つこともできません。 / These resources do not have an independent existence apart from the resource that contains them - they cannot be identified independently, and nor can they have their own independent transaction scope.

Shortインラインリソースが含まれています / Contained, inline Resources
Comments

識別が失われると、コンテンツを適切に識別できる場合は、これを行うべきではありません。含まれるリソースには、メタ要素にプロファイルとタグがある場合がありますが、セキュリティラベルはありません。 / This should never be done when the content can be identified properly, as once identification is lost, it is extremely difficult (and context dependent) to restore it again. Contained resources may have profiles and tags In their meta elements, but SHALL NOT have security labels.

Control0..*
TypeResource
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesinline resources, anonymous resources, contained resources
14. Coverage.extension
Definition

An Extension

ShortExtension
Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
SlicingThis element introduces a set of slices on Coverage.extension. The slices are unordered and Open, and can be differentiated using the following discriminators:
  • value @ url
16. Coverage.extension:insuredPersonSymbol
Slice NameinsuredPersonSymbol
Definition

健康保険における被保険者証記号を示す拡張

Short健康保険における被保険者証記号
Comments

健康保険における被保険者証記号を示す拡張。被保険者記号の全角文字列。

Control0..*
This element is affected by the following invariants: ele-1
TypeExtension(JP Core Coverage InsuredPersonSymbol Extension) (Extension Type: string)
Is Modifierfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
18. Coverage.extension:insuredPersonNumber
Slice NameinsuredPersonNumber
Definition

健康保険における被保険者証番号を示す拡張

Short健康保険における被保険者証番号
Comments

健康保険における被保険者証番号を示す拡張。被保険者記号の全角文字列。

Control0..*
This element is affected by the following invariants: ele-1
TypeExtension(JP Core Coverage InsuredPersonNumber Extension) (Extension Type: string)
Is Modifierfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
20. Coverage.extension:insuredPersonSubNumber
Slice NameinsuredPersonSubNumber
Definition

健康保険における被保険者証番号の枝番を示す拡張

Short健康保険における被保険者証番号の枝番
Comments

健康保険における被保険者証番号を示す拡張。2桁の全角数字文字列。一桁の場合には先頭に0をつけて2桁にする。

Control0..*
This element is affected by the following invariants: ele-1
TypeExtension(JP Core Coverage InsuredPersonSubNumber Extension) (Extension Type: string)
Is Modifierfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
22. Coverage.modifierExtension
Definition

リソースの基本的な定義の一部ではなく、それを含む要素の理解および/または含有要素の子孫の理解を変更するために使用される場合があります。通常、修飾子要素は否定または資格を提供します。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義することが許可されていますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。アプリケーションの処理リソースは、修飾子拡張機能をチェックする必要があります。

モディファイア拡張は、リソースまたはdomainResource上の要素の意味を変更してはなりません(修飾軸自体の意味を変更することはできません)。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the resource and that modifies the understanding of the element that contains it and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer is allowed to define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Short無視できない拡張機能 / Extensions that cannot be ignored
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because モディファイア拡張は、それらを含むリソースの意味または解釈を変更することが期待されています / Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the resource that contains them
Summaryfalse
Requirements

修飾子拡張機能により、安全に無視できる大部分の拡張機能と明確に区別できるように、安全に無視できない拡張機能が可能になります。これにより、実装者が拡張の存在を禁止する必要性を排除することにより、相互運用性が促進されます。詳細については、[修飾子拡張の定義](拡張性.html#modifierextension)を参照してください。 / Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
24. Coverage.identifier
Definition

A unique identifier assigned to this coverage.
このカバレッジに割り当てられた一意の識別子。

ShortBusiness Identifier for the coverage このカバレッジに割り当てられた一意の識別子【詳細参照】
Comments

The main (and possibly only) identifier for the coverage - often referred to as a Member Id, Certificate number, Personal Health Number or Case ID. May be constructed as the concatenation of the Coverage.SubscriberID and the Coverage.dependent.
カバレッジのメイン(および場合によっては唯一の)識別子-多くの場合、メンバID、証明書番号、個人の健康番号、またはケースIDと呼ばれる。
【JP Core仕様】被保険者記号と番号と枝番を全角にした上でダブルコーテーションで囲い、カンマ区切りで連結する。
ルール:"{被保険者記号}","{被保険者番号}","{枝番}"
例:"12-34","5678","00"

NoteThis is a business identifier, not a resource identifier (see discussion)
Control0..*
TypeIdentifier
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Allows coverages to be distinguished and referenced.
カバレッジを区別して参照できるようにする。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
26. Coverage.status
Definition

The status of the resource instance.
リソースインスタンスのステータス。

Shortアクティブ|キャンセル|ドラフト|エラーに入った / active | cancelled | draft | entered-in-error
Comments

This element is labeled as a modifier because the status contains the code entered-in-error that marks the coverage as not currently valid.
ステータスには、カバレッジが現在無効であることを示すエラー入力されたコードが含まれているため、この要素は修飾子としてラベル付けされる。

Control1..1
BindingThe codes SHALL be taken from FinancialResourceStatusCodes
(required to http://hl7.org/fhir/ValueSet/fm-status|4.0.1
Typecode
Is Modifiertrue because この要素は、リソースを有効として扱うべきではないことを意味するステータスに入力されたステータスを含むステータス要素であるため、修飾子としてラベル付けされています。 / This element is labelled as a modifier because it is a status element that contains status entered-in-error which means that the resource should not be treated as valid
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

Need to track the status of the resource as 'draft' resources may undergo further edits while 'active' resources are immutable and may only have their status changed to 'cancelled'.
「ドラフト」リソースはさらに編集される可能性があり、「アクティブ」リソースは不変であり、ステータスが「キャンセル」に変更されるだけである可能性があるため、リソースのステータスを追跡する必要がある。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
28. Coverage.type
Definition

The type of coverage: social program, medical plan, accident coverage (workers compensation, auto), group health or payment by an individual or organization.
補償の種類:社会プログラム、医療計画、事故補償(労働者災害補償、自動車)、グループの健康、または個人または組織による支払い。

ShortCoverage category such as medical or accident 医療保険や事故補償のような分類
Comments

Not all terminology uses fit this general pattern. In some cases, models should not use CodeableConcept and use Coding directly and provide their own structure for managing text, codings, translations and the relationship between elements and pre- and post-coordination.
すべてのターミノロジの使用がこの一般的なパターンに適合するわけではない。場合によっては、モデルはCodeableConceptを使用せず、コーディングを直接使用して、テキスト、コーディング、翻訳、および要素間の関係とpre-coordinationとpost-coordinationの用語関係を管理するための独自の構造を提供する必要がある。
【JP Core仕様】「処方情報 HL7FHIR 記述仕様」等で使用される保険種別コード(system=”urn:oid:1.2.392.100495.20.2.61”)として、https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000342368.pdf の別表11が使用している例があげられている。JP Coreとして本項目に対する用語のバインドは現時点では定義するまでに至っていない。

Control0..1
BindingThe codes SHOULD be taken from CoverageTypeAndSelf-PayCodes
(preferred to http://hl7.org/fhir/ValueSet/coverage-type
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

The order of application of coverages is dependent on the types of coverage.
カバレッジの適用順序は、カバレッジのタイプによって異なる。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
30. Coverage.policyHolder
Definition

The party who 'owns' the insurance policy.
保険証券を「所有する」当事者。

ShortOwner of the policy ポリシの所有者
Comments

For example: may be an individual, corporation or the subscriber's employer.
例:個人、企業、または加入者の雇用主である可能性がある。

Control0..1
TypeReference(JP Core Patient Profile, RelatedPerson, JP Core Organization Profile)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

This provides employer information in the case of Worker's Compensation and other policies.
これは、労働者災害補償およびその他のポリシの場合に雇用者情報を提供する。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
32. Coverage.subscriber
Definition

The party who has signed-up for or 'owns' the contractual relationship to the policy or to whom the benefit of the policy for services rendered to them or their family is due.
ポリシにサインアップした、またはポリシとの契約関係を「所有」している当事者、またはポリシの利益が彼らまたはその家族に提供されることになっている当事者。

ShortSubscriber to the policy 被保険者
Comments

May be self or a parent in the case of dependents.
扶養家族の場合、自己または親である可能性がある。

Control0..1
TypeReference(JP Core Patient Profile, RelatedPerson)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

This is the party who is entitled to the benefits under the policy.
これは、ポリシに基づいて給付を受ける権利を有する当事者である。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
34. Coverage.subscriberId
Definition

The insurer assigned ID for the Subscriber.
被保険者に保険者が割り当てたID

ShortID assigned to the subscriber 被保険者に割り当てられたID
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

The insurer requires this identifier on correspondence and claims (digital and otherwise).
保険者は、連絡や請求(デジタルおよびその他)でこの識別子を要求する。
保険会社は、通信および請求(デジタルおよびその他)でこの識別子を要求する。
【JP Core仕様】被保険者記号と番号を全角にした上でダブルコーテーションで囲い、カンマ区切りで連結する。
ルール:"{被保険者記号}","{被保険者番号}"
例:"12-34","5678"

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
36. Coverage.beneficiary
Definition

The party who benefits from the insurance coverage; the patient when products and/or services are provided.
保険適用から利益を得る当事者、製品および/またはサービスが提供される際の患者。

Short受益者を計画します / Plan beneficiary
Comments

References SHALL be a reference to an actual FHIR resource, and SHALL be resolvable (allowing for access control, temporary unavailability, etc.). Resolution can be either by retrieval from the URL, or, where applicable by resource type, by treating an absolute reference as a canonical URL and looking it up in a local registry/repository.
参照は、実際のFHIRリソースへの参照である必要があり、解決可能(内容に到達可能)である必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。
【JP Core仕様】患者Patientリソースへの参照。

Control1..1
TypeReference(JP Core Patient Profile)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

This is the party who receives treatment for which the costs are reimbursed under the coverage.
これは、補償の下で費用が償還される治療を受ける側のことである。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
38. Coverage.dependent
Definition

A unique identifier for a dependent under the coverage.
被保険者証の枝番。

Short被保険者証 枝番
Comments

Periodically the member number is constructed from the subscriberId and the dependent number.
被保険者証の枝番を全角で格納する。

Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

For some coverages a single identifier is issued to the Subscriber and then a unique dependent number is issued to each beneficiary.
一部の補償では、単一の識別子が加入者に発行され、次に一意の従属番号が各受益者に発行される。
一部の保険では、単一の識別子が加入者に発行され、その後、各受益者に固有の扶養番号が発行される。
【JP Core仕様】医療保険で本リソースを使用する場合には、この要素に拡張 InsuredPersonSubNumberに設定した値と同じ、被保険者番号の枝番号全角2桁を設定する。
例:"00"

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
40. Coverage.relationship
Definition

The relationship of beneficiary (patient) to the subscriber.
受益者(患者)と加入者の関係。

ShortBeneficiary relationship to the subscriber 加入者との受益者関係
Comments

Typically, an individual uses policies which are theirs (relationship='self') before policies owned by others.
一般的に、個人は、他人が所有するポリシよりも、自分のポリシ(relationship='self')を使用する。

Control0..1
BindingUnless not suitable, these codes SHALL be taken from SubscriberRelationshipCodes
(extensible to http://hl7.org/fhir/ValueSet/subscriber-relationship
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Requirements

To determine relationship between the patient and the subscriber to determine coordination of benefits.
患者と加入者の関係を決定し、給付の調整を決定する。
【JP Core仕様】「処方情報 HL7FHIR 記述仕様」等で使用される被保険者区分コード(system=”urn:oid:1.2.392.100495.20.2.62”)として、https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000342368.pdf の別表12が使用できる。
 1 被保険者
 2 被扶養者

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
42. Coverage.period
Definition

Time period during which the coverage is in force. A missing start date indicates the start date isn't known, a missing end date means the coverage is continuing to be in force.
補償範囲が有効である期間。開始日が欠落している場合は、開始日が不明であることを示す。終了日が欠落している場合は、補償範囲が引き続き有効であることを意味する。

Shortカバレッジの開始日と終了日 / Coverage start and end dates
Comments

A Period specifies a range of time; the context of use will specify whether the entire range applies (e.g. "the patient was an inpatient of the hospital for this time range") or one value from the range applies (e.g. "give to the patient between these two times"). Period is not used for a duration (a measure of elapsed time). See Duration.
Period(期間)は時間の範囲を指定する。使用状況は、範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「この2回の間に患者に投与する」)を指定する。
Period(期間)は、Duration(時間区間=経過時間の測定値)には使用されない。 [Duration](datatypes.html#Duration)を参照のこと。
This is not a duration - that's a measure of time (a separate type), but a duration that occurs at a fixed value of time. A Period specifies a range of time; the context of use will specify whether the entire range applies (e.g. "the patient was an inpatient of the hospital for this time range") or one value from the range applies (e.g. "give to the patient between these two times"). If duration is required, specify the type as Interval|Duration.
これはDuration(時間区間)ではない- Durationは時間の尺度(別のタイプ)だが、時間の固定値で発生する時間区間である。Period(期間)は時間の範囲を指定する。使用状況は、範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「この2回の間に患者に投与する」)を指定する。もし、Duration(時間区間)が必要な場合は、タイプをInterval | Durationとして指定する。
これは期間ではなく-これは時間の尺度(別のタイプ)あるが、時間の固定値で発生する期間である。期間は時間の範囲を指定する。使用状況は、範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、または範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「これら2回の間に患者に与える」)を指定する。期間が必要な場合は、タイプをInterval | Durationとして指定する。
【JP Core仕様】医療保険、公費で本リソースを使用する場合には、保険証または公費の有効期間の開始日、終了日をstart とendに yyyy-mm-dd形式で設定する。

Control0..1
TypePeriod
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Some insurers require the submission of the coverage term.
保険会社によっては、補償期間の提出を義務付けているところもある。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
44. Coverage.payor
Definition

The program or plan underwriter or payor including both insurance and non-insurance agreements, such as patient-pay agreements.
患者負担契約などの保険契約と保険外契約の両方を含むプログラムまたはプランの引受人または支払人。

Shortポリシーの発行者 / Issuer of the policy
Comments

May provide multiple identifiers such as insurance company identifier or business identifier (BIN number). For selfpay it may provide multiple paying persons and/or organizations.
保険会社の識別子や事業者の識別子(BIN番号)など、複数の識別子を提供してもよい。自己負担の場合は、複数の支払者および/または組織を提供してもよい。

Control1..*
TypeReference(JP Core Organization Profile, JP Core Patient Profile, RelatedPerson)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Need to identify the issuer to target for claim processing and for coordination of benefit processing.
請求処理および給付処理の調整の対象となる発行者を特定する必要がある。
【JP Core仕様】医療保険で本リソースを使用する場合には、保険者組織Organizationリソースへの参照。自費の場合には、患者Patientリソースへの参照。公費の場合には、公費負担者組織Organizationリソースへの参照。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
46. Coverage.class
Definition

A suite of underwriter specific classifiers.
保険事業者の分類子

Short追加のカバレッジ分類 / Additional coverage classifications
Comments

For example may be used to identify a class of coverage or employer group, Policy, Plan.
例えば、保険の種類または雇用者グループ、保険契約、Planを識別するために使用することができる。

Control0..*
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Requirements

The codes provided on the health card which identify or confirm the specific policy for the insurer.
健康カードに記載されているコードで、保険者の特定の保険契約を識別または確認するもの。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
48. Coverage.class.id
Definition

リソース内の要素の一意のID(内部参照用)。これは、スペースを含まない文字列値である場合があります。 / Unique id for the element within a resource (for internal references). This may be any string value that does not contain spaces.

Short要素間参照のための一意のID / Unique id for inter-element referencing
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
XML FormatIn the XML format, this property is represented as an attribute.
Summaryfalse
50. Coverage.class.extension
Definition

要素の基本的な定義の一部ではない追加情報を表すために使用できます。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension.

Short実装で定義された追加のコンテンツ / Additional content defined by implementations
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
52. Coverage.class.modifierExtension
Definition

要素の基本的な定義の一部ではなく、それが含まれている要素の理解、および/または含まれる要素の子孫の理解を変更するために使用される場合があります。通常、修飾子要素は否定または資格を提供します。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。アプリケーションの処理リソースは、修飾子拡張機能をチェックする必要があります。

モディファイア拡張は、リソースまたはdomainResource上の要素の意味を変更してはなりません(修飾軸自体の意味を変更することはできません)。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Short認識されていなくても無視できない拡張機能 / Extensions that cannot be ignored even if unrecognized
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because 修飾子拡張は、それらを含む要素の意味または解釈を変更することが期待されています / Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

修飾子拡張機能により、安全に無視できる大部分の拡張機能と明確に区別できるように、安全に無視できない拡張機能が可能になります。これにより、実装者が拡張の存在を禁止する必要性を排除することにより、相互運用性が促進されます。詳細については、[修飾子拡張の定義](拡張性.html#modifierextension)を参照してください。 / Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
54. Coverage.class.type
Definition

The type of classification for which an insurer-specific class label or number and optional name is provided, for example may be used to identify a class of coverage or employer group, Policy, Plan.
保険者固有のクラスラベルまたは番号、任意の名前が提供されている分類のタイプを表す。例えば、保険のクラスまたは雇用者グループ、保険契約、Planを識別するために使用することができる。

Short「グループ」や「計画」などのクラスのタイプ / Type of class such as 'group' or 'plan'
Comments

Not all terminology uses fit this general pattern. In some cases, models should not use CodeableConcept and use Coding directly and provide their own structure for managing text, codings, translations and the relationship between elements and pre- and post-coordination.
すべての用語の使用がこの一般的なパターンに適合するわけではない。いくつかのケースでは、モデルはCodeableConceptを使用せず、Codingを直接使用し、テキスト、コーディング、翻訳、要素間の関係、および前後の調整を管理するための独自の構造を提供することが望ましい。

Control1..1
BindingUnless not suitable, these codes SHALL be taken from CoverageClassCodes
(extensible to http://hl7.org/fhir/ValueSet/coverage-class
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

The insurer issued label for a specific health card value.
保険者が発行した特定の健康カード番号のラベル。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
56. Coverage.class.value
Definition

The alphanumeric string value associated with the insurer issued label.
保険者が発行したラベルに関連付けられた英数字の文字列値。

Shortタイプに関連付けられた値 / Value associated with the type
Comments

For example, the Group or Plan number.
例えば、グループ番号やプラン番号など。

Control1..1
Typestring
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

The insurer issued label and value are necessary to identify the specific policy.
保険者が発行したラベルと値は、特定の保険契約を識別するために必要なものである。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
58. Coverage.class.name
Definition

A short description for the class.
保険種類の簡単な説明。

Shortタイプと価値の人間の読み取り可能な説明 / Human readable description of the type and value
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

Used to provide a meaningful description in correspondence to the patient.
患者に対応するのに意味のある説明をするために使用する。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
60. Coverage.order
Definition

The order of applicability of this coverage relative to other coverages which are currently in force. Note, there may be gaps in the numbering and this does not imply primary, secondary etc. as the specific positioning of coverages depends upon the episode of care.
現在適用されている他の保障と比較して、この保障の適用可能性が高い順に記載されている。なお、ナンバリングにギャップがある場合があり、カバーの具体的な位置づけはケアのエピソードに依存するため、一次、二次などを意味するものではない。

Shortカバレッジの相対順序 / Relative order of the coverage
Comments

32 bit number; for values larger than this, use decimal
32 ビットの数値、これより大きい値の場合は 10 進数を使用する。

Control0..1
TypepositiveInt
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

Used in managing the coordination of benefits.
保険給付の調整管理に使用する。
【JP Core仕様】公費情報で本リソースを使用する場合で、複数の公費負担情報がある場合に、その適用順序番号を示す1,2,3...を設定する。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
62. Coverage.network
Definition

The insurer-specific identifier for the insurer-defined network of providers to which the beneficiary may seek treatment which will be covered at the 'in-network' rate, otherwise 'out of network' terms and conditions apply.
保険者が定義したプロバイダの保険者定義ネットワークの保険者固有の識別子で、被保険者が「ネットワーク内」の料金でカバーされる治療を受けることができるが、そうでなければ「ネットワーク外」の条件が適用される。

Short保険会社ネットワーク / Insurer network
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

Used in referral for treatment and in claims processing.
治療のための紹介や請求処理の際に使用する。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
64. Coverage.costToBeneficiary
Definition

A suite of codes indicating the cost category and associated amount which have been detailed in the policy and may have been included on the health card.
ポリシに詳細が記載されており、ヘルスカードに含まれている可能性のあるコストカテゴリと関連する金額を示す一連のコード。

ShortPatient payments for services/products サービスやプロダクトに対する患者支払い
Comments

For example by knowing the patient visit co-pay, the provider can collect the amount prior to undertaking treatment.
例えば、患者の訪問時の自己負担額を知ることで、医療提供者は治療を行う前にその金額を回収することができる。
【JP Core仕様】公費の場合には自己負担率。判明している場合のみ設定する。

Control0..*
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Requirements

Required by providers to manage financial transaction with the patient.
事業者が患者との金銭的な取引を管理するために必要となる。

Alternate NamesCoPay, Deductible, Exceptions
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
66. Coverage.costToBeneficiary.id
Definition

リソース内の要素の一意のID(内部参照用)。これは、スペースを含まない文字列値である場合があります。 / Unique id for the element within a resource (for internal references). This may be any string value that does not contain spaces.

Short要素間参照のための一意のID / Unique id for inter-element referencing
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
XML FormatIn the XML format, this property is represented as an attribute.
Summaryfalse
68. Coverage.costToBeneficiary.extension
Definition

要素の基本的な定義の一部ではない追加情報を表すために使用できます。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension.

Short実装で定義された追加のコンテンツ / Additional content defined by implementations
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
70. Coverage.costToBeneficiary.modifierExtension
Definition

要素の基本的な定義の一部ではなく、それが含まれている要素の理解、および/または含まれる要素の子孫の理解を変更するために使用される場合があります。通常、修飾子要素は否定または資格を提供します。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。アプリケーションの処理リソースは、修飾子拡張機能をチェックする必要があります。

モディファイア拡張は、リソースまたはdomainResource上の要素の意味を変更してはなりません(修飾軸自体の意味を変更することはできません)。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Short認識されていなくても無視できない拡張機能 / Extensions that cannot be ignored even if unrecognized
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because 修飾子拡張は、それらを含む要素の意味または解釈を変更することが期待されています / Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

修飾子拡張機能により、安全に無視できる大部分の拡張機能と明確に区別できるように、安全に無視できない拡張機能が可能になります。これにより、実装者が拡張の存在を禁止する必要性を排除することにより、相互運用性が促進されます。詳細については、[修飾子拡張の定義](拡張性.html#modifierextension)を参照してください。 / Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
72. Coverage.costToBeneficiary.type
Definition

The category of patient centric costs associated with treatment.
治療に伴う患者中心の費用のカテゴリー。

Shortコストカテゴリ / Cost category
Comments

For example visit, specialist visits, emergency, inpatient care, etc.
例えば、訪問診療、専門医の訪問診療、救急診療、入院診療など。

Control0..1
BindingUnless not suitable, these codes SHALL be taken from CoverageCopayTypeCodes
(extensible to http://hl7.org/fhir/ValueSet/coverage-copay-type
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Needed to identify the category associated with the amount for the patient.
患者の金額に関連するカテゴリーを特定する必要があった。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
74. Coverage.costToBeneficiary.type.id
Definition

リソース内の要素の一意のID(内部参照用)。これは、スペースを含まない文字列値である場合があります。 / Unique id for the element within a resource (for internal references). This may be any string value that does not contain spaces.

Short要素間参照のための一意のID / Unique id for inter-element referencing
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
XML FormatIn the XML format, this property is represented as an attribute.
Summaryfalse
76. Coverage.costToBeneficiary.type.extension
Definition

要素の基本的な定義の一部ではない追加情報を表すために使用できます。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension.

Short実装で定義された追加のコンテンツ / Additional content defined by implementations
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
SlicingThis element introduces a set of slices on Coverage.costToBeneficiary.type.extension. The slices are unordered and Open, and can be differentiated using the following discriminators:
  • value @ url
78. Coverage.costToBeneficiary.type.coding
Definition

用語システムによって定義されたコードへの参照。 / A reference to a code defined by a terminology system.

Short用語システムによって定義されたコード / Code defined by a terminology system
Comments

コードは、列挙されたCTなどの非常に正式な定義まで、列挙またはコードリストで非常にさりげなく定義される場合があります。詳細については、HL7 V3コアプリンシップを参照してください。コーディングの順序付けは未定義であり、意味を推測するために使用されません。一般に、せいぜい、コーディング値の1つのみがuserselected = trueとしてラベル付けされます。 / Codes may be defined very casually in enumerations, or code lists, up to very formal definitions such as SNOMED CT - see the HL7 v3 Core Principles for more information. Ordering of codings is undefined and SHALL NOT be used to infer meaning. Generally, at most only one of the coding values will be labeled as UserSelected = true.

Control0..*
TypeCoding
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

コードシステム内の代替エンコーディング、および他のコードシステムへの翻訳が可能になります。 / Allows for alternative encodings within a code system, and translations to other code systems.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
80. Coverage.costToBeneficiary.type.coding.id
Definition

リソース内の要素の一意のID(内部参照用)。これは、スペースを含まない文字列値である場合があります。 / Unique id for the element within a resource (for internal references). This may be any string value that does not contain spaces.

Short要素間参照のための一意のID / Unique id for inter-element referencing
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
XML FormatIn the XML format, this property is represented as an attribute.
Summaryfalse
82. Coverage.costToBeneficiary.type.coding.extension
Definition

要素の基本的な定義の一部ではない追加情報を表すために使用できます。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension.

Short実装で定義された追加のコンテンツ / Additional content defined by implementations
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
SlicingThis element introduces a set of slices on Coverage.costToBeneficiary.type.coding.extension. The slices are unordered and Open, and can be differentiated using the following discriminators:
  • value @ url
84. Coverage.costToBeneficiary.type.coding.system
Definition

コード内のシンボルの意味を定義するコードシステムの識別。 / The identification of the code system that defines the meaning of the symbol in the code.

Short用語システムのアイデンティティ / Identity of the terminology system
Comments

The URI may be an OID (urn:oid:...) or a UUID (urn:uuid:...). OIDs and UUIDs SHALL be references to the HL7 OID registry. Otherwise, the URI should come from HL7's list of FHIR defined special URIs or it should reference to some definition that establishes the system clearly and unambiguously.
保険や公費における自己負担率の種別を識別するコード体系のコード。
"http://terminology.hl7.org/CodeSystem/coverage-copay-type"

Control0..1
Typeuri
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

シンボルの定義のソースについて明確である必要があります。 / Need to be unambiguous about the source of the definition of the symbol.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
86. Coverage.costToBeneficiary.type.coding.version
Definition

このコードを選択するときに使用されたコードシステムのバージョン。コードの意味がバージョン全体で一貫しているため、適切にメンテナンスしたコードシステムでは報告されたバージョンを必要としないことに注意してください。ただし、これは一貫して保証することはできず、意味が一貫していることが保証されていない場合、バージョンを交換する必要があります。 / The version of the code system which was used when choosing this code. Note that a well-maintained code system does not need the version reported, because the meaning of codes is consistent across versions. However this cannot consistently be assured, and when the meaning is not guaranteed to be consistent, the version SHOULD be exchanged.

Shortシステムのバージョン - 関連する場合 / Version of the system - if relevant
Comments

用語がコードシステムバージョンを識別するために使用する文字列を明確に定義していない場合、推奨は、そのバージョンがバージョンの日付として公式に公開された日付(FHIR日付形式で表現)を使用することです。 / Where the terminology does not clearly define what string should be used to identify code system versions, the recommendation is to use the date (expressed in FHIR date format) on which that version was officially published as the version date.

NoteThis is a business versionId, not a resource version id (see discussion)
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
88. Coverage.costToBeneficiary.type.coding.code
Definition

システムによって定義された構文のシンボル。シンボルは、定義されたコードまたはコーディングシステムによって定義された構文の式(例:調整後)である場合があります。 / A symbol in syntax defined by the system. The symbol may be a predefined code or an expression in a syntax defined by the coding system (e.g. post-coordination).

Shortシステムによって定義された構文のシンボル / Symbol in syntax defined by the system
Comments

Note that FHIR strings SHALL NOT exceed 1MB in size
自己負担率を表すコード "copaypct"

Control0..1
Typecode
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

システム内の特定のコードを参照する必要があります。 / Need to refer to a particular code in the system.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
90. Coverage.costToBeneficiary.type.coding.display
Definition

システムのルールに従って、システム内のコードの意味の表現。 / A representation of the meaning of the code in the system, following the rules of the system.

Shortシステムによって定義された表現 / Representation defined by the system
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

システムを知らない読者のために、コードの人間の読み取り可能な意味を持ち込むことができる必要があります。 / Need to be able to carry a human-readable meaning of the code for readers that do not know the system.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
92. Coverage.costToBeneficiary.type.coding.userSelected
Definition

このコーディングがユーザーによって直接選択されたことを示します。利用可能なアイテムのピックリスト(コードまたはディスプレイ)。 / Indicates that this coding was chosen by a user directly - e.g. off a pick list of available items (codes or displays).

Shortこのコーディングがユーザーによって直接選択された場合 / If this coding was chosen directly by the user
Comments

一連の代替案の中で、直接選択されたコードが新しい翻訳の最も適切な出発点です。この要素の使用とその結果をより完全に明確にするためには、「直接選択された」ことについては曖昧さがあり、取引パートナー契約が必要になる場合があります。 / Amongst a set of alternatives, a directly chosen code is the most appropriate starting point for new translations. There is some ambiguity about what exactly 'directly chosen' implies, and trading partner agreement may be needed to clarify the use of this element and its consequences more completely.

Control0..1
Typeboolean
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

これは、臨床安全基準として特定されています - この正確なシステム/コードペアは、いくつかのルールまたは言語処理に基づいてシステムによって推測されるのではなく、明示的に選択されたことです。 / This has been identified as a clinical safety criterium - that this exact system/code pair was chosen explicitly, rather than inferred by the system based on some rules or language processing.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
94. Coverage.costToBeneficiary.type.text
Definition

データを入力したユーザー、および/またはユーザーの意図された意味を表すユーザーによって見られる/選択/発言された概念の人間の言語表現。 / A human language representation of the concept as seen/selected/uttered by the user who entered the data and/or which represents the intended meaning of the user.

Shortコンセプトの単純なテキスト表現 / Plain text representation of the concept
Comments

多くの場合、テキストはコーディングの1つの表示名と同じです。 / Very often the text is the same as a displayName of one of the codings.

Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Requirements

用語からのコードは、それらを使用する人間のすべてのニュアンスを使用して、常に正しい意味をキャプチャするとは限りません。または、適切なコードがまったくない場合があります。これらの場合、テキストはソースの完全な意味をキャプチャするために使用されます。 / The codes from the terminologies do not always capture the correct meaning with all the nuances of the human using them, or sometimes there is no appropriate code at all. In these cases, the text is used to capture the full meaning of the source.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
96. Coverage.costToBeneficiary.value[x]
Definition

The amount due from the patient for the cost category.
費用区分の患者からの支払額。

Short受益者からの金額または割合 / The amount or percentage due from the beneficiary
Comments

Amount may be expressed as a percentage of the service/product cost or a fixed amount of currency.
金額は、サービス/製品のコストに対する割合で表現される場合と、通貨の固定額で表現される場合がある。

Control1..1
TypeChoice of: Quantity(SimpleQuantity), Money
[x] NoteSee Choice of Data Types for further information about how to use [x]
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Needed to identify the amount for the patient associated with the category.
カテゴリーに関連する患者の支払い金額を特定する必要があった

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
98. Coverage.costToBeneficiary.exception
Definition

A suite of codes indicating exceptions or reductions to patient costs and their effective periods.
患者費用の例外または削減を示すコードとその有効期間を示すコード群。

Short患者の支払いの例外 / Exceptions for patient payments
Control0..*
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Requirements

Required by providers to manage financial transaction with the patient.
事業者が患者との金銭的な取引を管理するために必要となる。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
100. Coverage.costToBeneficiary.exception.id
Definition

リソース内の要素の一意のID(内部参照用)。これは、スペースを含まない文字列値である場合があります。 / Unique id for the element within a resource (for internal references). This may be any string value that does not contain spaces.

Short要素間参照のための一意のID / Unique id for inter-element referencing
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
XML FormatIn the XML format, this property is represented as an attribute.
Summaryfalse
102. Coverage.costToBeneficiary.exception.extension
Definition

要素の基本的な定義の一部ではない追加情報を表すために使用できます。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension.

Short実装で定義された追加のコンテンツ / Additional content defined by implementations
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
104. Coverage.costToBeneficiary.exception.modifierExtension
Definition

要素の基本的な定義の一部ではなく、それが含まれている要素の理解、および/または含まれる要素の子孫の理解を変更するために使用される場合があります。通常、修飾子要素は否定または資格を提供します。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。アプリケーションの処理リソースは、修飾子拡張機能をチェックする必要があります。

モディファイア拡張は、リソースまたはdomainResource上の要素の意味を変更してはなりません(修飾軸自体の意味を変更することはできません)。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Short認識されていなくても無視できない拡張機能 / Extensions that cannot be ignored even if unrecognized
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because 修飾子拡張は、それらを含む要素の意味または解釈を変更することが期待されています / Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

修飾子拡張機能により、安全に無視できる大部分の拡張機能と明確に区別できるように、安全に無視できない拡張機能が可能になります。これにより、実装者が拡張の存在を禁止する必要性を排除することにより、相互運用性が促進されます。詳細については、[修飾子拡張の定義](拡張性.html#modifierextension)を参照してください。 / Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
106. Coverage.costToBeneficiary.exception.type
Definition

The code for the specific exception.
特定の例外のコード。

Short例外カテゴリ / Exception category
Control1..1
BindingFor example codes, see ExampleCoverageFinancialExceptionCodes
(example to http://hl7.org/fhir/ValueSet/coverage-financial-exception
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Needed to identify the exception associated with the amount for the patient.
患者の金額に関連する例外を特定する必要があった。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
108. Coverage.costToBeneficiary.exception.period
Definition

The timeframe during when the exception is in force.
例外が発生している間の時間枠。

Short例外の有効期間 / The effective period of the exception
Control0..1
TypePeriod
Is Modifierfalse
Summarytrue
Requirements

Needed to identify the applicable timeframe for the exception for the correct calculation of patient costs.
患者の費用を正しく計算するための例外の適用時期を特定する必要があった。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
110. Coverage.subrogation
Definition

When 'subrogation=true' this insurance instance has been included not for adjudication but to provide insurers with the details to recover costs.
subrogation=trueの場合、この保険インスタンスは裁定のためではなく、保険者に費用回収のための詳細を提供するために含まれている。 (subrogation=代位、subrogation payment=代位納付)

ShortReimbursement to insurer 保険者への償還
Comments

Typically, automotive and worker's compensation policies would be flagged with 'subrogation=true' to enable healthcare payors to collect against accident claims.
一般的に、自動車保険や労災保険では、医療費支払い者が事故請求に対して回収できるように、subrogation=true というフラグが立てられている。

Control0..1
Typeboolean
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summaryfalse
Requirements

See definition for when to be used.
使用時期については定義を参照すること。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
112. Coverage.contract
Definition

The policy(s) which constitute this insurance coverage.
この保険の適用範囲を構成するポリシ。

ShortContract details 契約の詳細
Comments

References SHALL be a reference to an actual FHIR resource, and SHALL be resolvable (allowing for access control, temporary unavailability, etc.). Resolution can be either by retrieval from the URL, or, where applicable by resource type, by treating an absolute reference as a canonical URL and looking it up in a local registry/repository.
参照は、実際のFHIRリソースへの参照である必要があり、解決可能(内容に到達可能)である必要がある(アクセス制御、一時的な使用不可などを考慮に入れる)。解決は、URLから取得するか、リソースタイプによって該当する場合は、絶対参照を正規URLとして扱い、ローカルレジストリ/リポジトリで検索することによって行うことができる。

Control0..*
TypeReference(Contract)
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Requirements

To reference the legally binding contract between the policy holder and the insurer.
契約者と保険者との間の法的拘束力のある契約を参照するため。

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))