HL7 FHIR JP Core ImplementationGuide
1.1.2 - release Japan flag

HL7 FHIR JP Core ImplementationGuide - Local Development build (v1.1.2) built by the FHIR (HL7® FHIR® Standard) Build Tools. See the Directory of published versions

Resource Profile: JP_Encounter - Detailed Descriptions

Active as of 2023-10-31

Definitions for the jp-encounter resource profile.

Guidance on how to interpret the contents of this table can be found here

0. Encounter
Definition

医療サービスの提供または患者の健康状態の評価を目的とした、患者と医療提供者との間の相互作用。Encounterと表現される。
【JP Core仕様】外来受診、救急受診、入院、退院、対面診察、電話診察、など。

Short患者にサービスが提供されている間の相互作用
2. Encounter.extension
SlicingThis element introduces a set of slices on Encounter.extension. The slices are unordered and Open, and can be differentiated using the following discriminators:
  • value @ url
4. Encounter.extension:associatedEncounter
Slice NameassociatedEncounter
Definition

関連するEncounter

Short関連するEncounter
Control0..1
TypeExtension(associatedEncounter) (Extension Type: Reference(Encounter))
6. Encounter.identifier
Definition

このEncounterが知られている識別子(複数可)。

ShortこのEncounterが知られている識別子(複数可)
NoteThis is a business identifier, not a resource identifier (see discussion)
8. Encounter.status
Definition

planned | arrived | triaged | in-progress | onleave | finished | cancelled +.
予定|到着|トリアージ|進行中|保留中|終了|キャンセル+.

Shortplanned | arrived | triaged | in-progress | onleave | finished | cancelled + / 予定|到着|トリアージ|進行中|保留中|終了|キャンセル+
Comments

内部のビジネス・ルールは、ステータス(およびクラス)間で発生する可能性のある適切な遷移を検出することに注意すること。

10. Encounter.statusHistory
Definition

ステータス履歴(status History)は、リソースの歴史的なバージョンを読み込んだり、サーバに保存させたりすることなく、Encounterリソースがステータス履歴を含むことを可能にする。

Short過去のEncounterのステータス一覧【詳細参照】
Comments

現在のステータスは、ステータスの履歴ではなく、常にリソースの現在のバージョンにある。

12. Encounter.statusHistory.status
Definition

planned | arrived | triaged | in-progress | onleave | finished | cancelled +.
予定|到着|トリアージ|進行中|保留中|終了|キャンセル+.

Shortplanned | arrived | triaged | in-progress | onleave | finished | cancelled + / 予定|到着|トリアージ|進行中|保留中|終了|キャンセル+.
Comments

文字列のサイズは 1MB を超えてはならないことに注意すること。

14. Encounter.statusHistory.period
Definition

そのエピソードが指定された状態になっていた時間。

Shortそのエピソードが指定された状態になっていた時間
Comments

期間とは時間の範囲で指定される。範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、または範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「これら2回の間に患者に与える」)を指定する。 期間が必要な場合は、タイプをInterval | Durationとして指定する。

16. Encounter.class
Definition

外来(外来)、入院、救急、在宅医療、その他の地域差による患者Encounterの分類を表す概念。

Short患者とのEncounterの分類【詳細参照】
Comments

コードは列挙やコードリストの中で非常にカジュアルに定義されることもあれば、SNOMED CTのような非常にフォーマルな定義まである。 - 詳細はHL7 v3コア・プリンシプルを参照すること。

18. Encounter.classHistory
Definition

クラスの履歴は、リソースの履歴を経由することなく、Encounterの遷移を追跡することを可能にする。これは、入院患者が緊急時にEncounterした後、入院患者のシナリオに移行する場合に使用される。このようにして、新しいEncounterを再開しないようにすることで、検査/診断結果がより簡単に患者を追跡することができ、再処理を必要とせず、救急から入院への退院の際に紛失したりキャンセルされたりすることがないことを保証する。

Short過去のEncounter classのリスト【詳細参照】
20. Encounter.classHistory.class
Definition

inpatient | outpatient | ambulatory | emergency +.
入院|外来|外来|救急+。

Shortinpatient | outpatient | ambulatory | emergency + / 入院|外来|外来|救急+
Comments

コードは列挙やコードリストの中で非常にカジュアルに定義されることもあれば、SNOMED CTのような非常にフォーマルな定義まである- 詳細はHL7 v3コア・プリンシプルを参照すること。

22. Encounter.classHistory.period
Definition

指定されたクラスにエピソードがあった時間。

Short指定されたクラスにエピソードがあった時間
Comments

期間とは時間の範囲で指定される。範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、または範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「これら2回の間に患者に与える」)を指定する。 期間が必要な場合は、タイプをInterval | Durationとして指定する。

24. Encounter.subject
TypeReference(JP Core Patient Profile, Group)
26. Encounter.participant
28. Encounter.participant.individual
TypeReference(JP Core Practitioner Profile, JP Core PractitionerRole Profile, RelatedPerson)
30. Encounter.reasonReference
TypeReference(JP Core Condition Profile, JP Core Procedure Profile, JP Core Observation Common Profile, ImmunizationRecommendation)
32. Encounter.diagnosis
34. Encounter.diagnosis.condition
TypeReference(JP Core Condition Profile, JP Core Procedure Profile)
36. Encounter.hospitalization
38. Encounter.hospitalization.origin
TypeReference(JP Core Location Profile, JP Core Organization Profile)
40. Encounter.hospitalization.destination
TypeReference(JP Core Location Profile, JP Core Organization Profile)
42. Encounter.location
44. Encounter.location.location
TypeReference(JP Core Location Profile)
46. Encounter.serviceProvider
TypeReference(JP Core Organization Profile)
48. Encounter.partOf
TypeReference(JP Core Encounter Profile)

Guidance on how to interpret the contents of this table can be found here

0. Encounter
Definition

医療サービスの提供または患者の健康状態の評価を目的とした、患者と医療提供者との間の相互作用。Encounterと表現される。
【JP Core仕様】外来受診、救急受診、入院、退院、対面診察、電話診察、など。


患者と医療従事者の相互作用、医療サービスの提供、または患者の健康状態の評価のためのもの。

Short患者にサービスが提供されている間の相互作用患者にサービスを提供する際に行われる相互作用
Control0..*
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate NamesVisit
Invariantsdom-2: もしリソースが他のリソースに含まれている場合、そのリソースにはネストされたリソースを含めてはなりません (moshi risōsu ga hoka no risōsu ni fukumarete iru baai, sono risōsu ni wa nesuto sareta risōsu o fukumete wa narimasen). (contained.contained.empty())
dom-3: もしリソースが他のリソースに含まれている場合、それはリソースの他の場所から参照されるか、含まれるリソースに参照されるべきです。 (contained.where((('#'+id in (%resource.descendants().reference | %resource.descendants().as(canonical) | %resource.descendants().as(uri) | %resource.descendants().as(url))) or descendants().where(reference = '#').exists() or descendants().where(as(canonical) = '#').exists() or descendants().where(as(canonical) = '#').exists()).not()).trace('unmatched', id).empty())
dom-4: もしリソースが別のリソースの中に含まれる場合、meta.versionIdまたはmeta.lastUpdatedを持つべきではありません。 (contained.meta.versionId.empty() and contained.meta.lastUpdated.empty())
dom-5: もしリソースが他のリソースに含まれている場合、セキュリティラベルを持つべきではありません。 (contained.meta.security.empty())
dom-6: 資源は堅牢な管理のために物語を持つべきである。 (text.`div`.exists())
2. Encounter.implicitRules
Definition

リソース構築時に遵守された一連のルールを指すものであり、コンテンツを処理する際に理解する必要があります。しばしば、特別なルールを定義する実装ガイドとその他のプロファイルなどを含むものです。


リソースが構築されたときに従った一連のルールへの参照。コンテンツの処理時に理解する必要があります。多くの場合、これは他のプロファイルなどとともに特別なルールを定義する実装ガイドへの参照です。 / A reference to a set of rules that were followed when the resource was constructed, and which must be understood when processing the content. Often, this is a reference to an implementation guide that defines the special rules along with other profiles etc.

Shortこのコンテンツが作成されたルールセットこのコンテンツが作成されたルールのセット / A set of rules under which this content was created
Comments

このルールセットを主張することで、取引先の限られた集団にしか内容を理解させることができず、長期的にはデータの有用性が制限されます。しかしながら、現存するヘルスエコシステムは高度に分断化しており、一般的に計算可能な形式でデータを定義、収集、交換する準備が整っていません。できる限り、実装者および/または仕様ライターはこの要素の使用を避けるべきです。使用する場合、URLは、そのナラティブとともに他のプロファイル、値セットなどを含む実装ガイドを定義する参照となります。


このルールセットを主張することは、コンテンツが限られた取引パートナーのセットによってのみ理解されることを制限します。これにより、本質的に長期的にデータの有用性が制限されます。ただし、既存の健康エコシステムは非常に破壊されており、一般的に計算可能な意味でデータを定義、収集、交換する準備ができていません。可能な限り、実装者や仕様ライターはこの要素の使用を避ける必要があります。多くの場合、使用する場合、URLは、これらの特別なルールを他のプロファイル、バリューセットなどとともに叙述(Narative)の一部として定義する実装ガイドへの参照です。 / Asserting this rule set restricts the content to be only understood by a limited set of trading partners. This inherently limits the usefulness of the data in the long term. However, the existing health eco-system is highly fractured, and not yet ready to define, collect, and exchange data in a generally computable sense. Wherever possible, implementers and/or specification writers should avoid using this element. Often, when used, the URL is a reference to an implementation guide that defines these special rules as part of it's narrative along with other profiles, value sets, etc.

Control0..1
Typeuri
Is Modifiertrue because This element is labeled as a modifier because the implicit rules may provide additional knowledge about the resource that modifies it's meaning or interpretation暗黙のルールは、意味または解釈を変更するリソースに関する追加の知識を提供する可能性があるため、この要素は修飾子としてラベル付けされています。 / This element is labeled as a modifier because the implicit rules may provide additional knowledge about the resource that modifies it's meaning or interpretation
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
4. Encounter.extension
Definition

An Extension


リソースの基本的な定義の一部ではない追加情報を表すために使用できます。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the resource. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension.

ShortExtension実装で定義された追加のコンテンツ / Additional content defined by implementations
Comments

拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
ele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
SlicingThis element introduces a set of slices on Encounter.extension. The slices are unordered and Open, and can be differentiated using the following discriminators:
  • value @ url
6. Encounter.extension:associatedEncounter
Slice NameassociatedEncounter
Definition

関連するEncounter

Short関連するEncounter
Control0..1
This element is affected by the following invariants: ele-1
TypeExtension(associatedEncounter) (Extension Type: Reference(Encounter))
Is Modifierfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
8. Encounter.modifierExtension
Definition

リソースの基本的な定義に含まれない、要素の理解や、それを含む要素の子孫の理解を修正する追加情報を表すためにも使用されることがあります。通常、修飾要素は否定や修飾を提供します。拡張機能の使用を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に対して厳格な統治が適用されます。実装者は拡張機能を定義することが許可されていますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要がある要件があります。リソースを処理するアプリケーションは、修飾子拡張をチェックする必要があります。修飾子拡張は、リソースまたはドメインリソースの任意の要素の意味を変更してはなりません(修飾子拡張自体の意味も変更できません)。


リソースの基本的な定義の一部ではなく、それを含む要素の理解および/または含有要素の子孫の理解を変更するために使用される場合があります。通常、修飾子要素は否定または資格を提供します。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義することが許可されていますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。アプリケーションの処理リソースは、修飾子拡張機能をチェックする必要があります。

モディファイア拡張は、リソースまたはdomainResource上の要素の意味を変更してはなりません(修飾軸自体の意味を変更することはできません)。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the resource and that modifies the understanding of the element that contains it and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer is allowed to define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Short無視できない拡張機能 (Mushi dekinai kakuchou kinou)無視できない拡張機能 / Extensions that cannot be ignored
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。


拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the resource that contains themモディファイア拡張は、それらを含むリソースの意味または解釈を変更することが期待されています / Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the resource that contains them
Summaryfalse
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.


修飾子拡張機能により、安全に無視できる大部分の拡張機能と明確に区別できるように、安全に無視できない拡張機能が可能になります。これにより、実装者が拡張の存在を禁止する必要性を排除することにより、相互運用性が促進されます。詳細については、[修飾子拡張の定義](拡張性.html#modifierextension)を参照してください。 / Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
ele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
10. Encounter.identifier
Definition

このEncounterが知られている識別子(複数可)。


このEncounter(診察、受診、入退院など)が知られている識別子。

ShortこのEncounterが知られている識別子(複数可)このEncounter(診察、受診、入退院など)が知られている識別子。
NoteThis is a business identifier, not a resource identifier (see discussion)
Control0..*
TypeIdentifier
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
12. Encounter.status
Definition

planned | arrived | triaged | in-progress | onleave | finished | cancelled +.
予定|到着|トリアージ|進行中|保留中|終了|キャンセル+.


予定された | 到着した | トリアージされた | 進行中の | 休暇中の | 終了した | 取り消し +.

Shortplanned | arrived | triaged | in-progress | onleave | finished | cancelled + / 予定|到着|トリアージ|進行中|保留中|終了|キャンセル+計画された | 到着した | トリアージ済みの | 進行中の | 休暇中の | 終了した | 取り消された +
Comments

内部のビジネス・ルールは、ステータス(およびクラス)間で発生する可能性のある適切な遷移を検出することに注意すること。


内部のビジネスルールによって、状態間(およびクラス間)に発生する可能性がある適切なトランジションが決定されることに注意してください。

Control1..1
BindingThe codes SHALL be taken from EncounterStatushttp://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-status|4.0.1
(required to http://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-status|4.0.1
Typecode
Is Modifiertrue because This element is labeled as a modifier because it is a status element that contains status entered-in-error which means that the resource should not be treated as valid
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
14. Encounter.statusHistory
Definition

ステータス履歴(status History)は、リソースの歴史的なバージョンを読み込んだり、サーバに保存させたりすることなく、Encounterリソースがステータス履歴を含むことを可能にする。


ステータス履歴」機能によって、エンカウント・リソースは、履歴バージョンを読み込むことなく、履歴を含めることができます。サーバーにストアされていなくても使えます。

Short過去のEncounterのステータス一覧【詳細参照】"過去のEncounter(診察、受診、入退院など)の状況のリスト" (Kako no deai no jōkyō no risuto)
Comments

現在のステータスは、ステータスの履歴ではなく、常にリソースの現在のバージョンにある。


現在の状況は、履歴ではなく、リソースの現在のバージョンで常に見つかります。

Control0..*
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
16. Encounter.statusHistory.modifierExtension
Definition

基本的な要素の定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあり、それによって、その要素自体または取り込んでいる要素の子孫の理解を修正する。修飾子要素は通常、否定または修飾を提供します。拡張機能の安全で管理しやすい使用を実現するために、定義および使用に厳しいガバナンスセットが適用されています。どの実装者でも拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要がある要件があります。リソースを処理するアプリケーションは、修飾子拡張子をチェックする必要があります。

修飾子拡張機能は、リソースまたはドメインリソースの任意の要素の意味を変更してはなりません(修飾子拡張自体の意味を変更することもできません)。


要素の基本的な定義の一部ではなく、それが含まれている要素の理解、および/または含まれる要素の子孫の理解を変更するために使用される場合があります。通常、修飾子要素は否定または資格を提供します。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。アプリケーションの処理リソースは、修飾子拡張機能をチェックする必要があります。

モディファイア拡張は、リソースまたはdomainResource上の要素の意味を変更してはなりません(修飾軸自体の意味を変更することはできません)。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Short認識されなくても無視できない拡張機能認識されていなくても無視できない拡張機能 / Extensions that cannot be ignored even if unrecognized
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。


拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them修飾子拡張は、それらを含む要素の意味または解釈を変更することが期待されています / Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.


修飾子拡張機能により、安全に無視できる大部分の拡張機能と明確に区別できるように、安全に無視できない拡張機能が可能になります。これにより、実装者が拡張の存在を禁止する必要性を排除することにより、相互運用性が促進されます。詳細については、[修飾子拡張の定義](拡張性.html#modifierextension)を参照してください。 / Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
ele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
18. Encounter.statusHistory.status
Definition

planned | arrived | triaged | in-progress | onleave | finished | cancelled +.
予定|到着|トリアージ|進行中|保留中|終了|キャンセル+.


予定された | 到着した | トリアージされた | 進行中の | 休暇中の | 終了した | 取り消し +.

Shortplanned | arrived | triaged | in-progress | onleave | finished | cancelled + / 予定|到着|トリアージ|進行中|保留中|終了|キャンセル+.計画された | 到着した | トリアージ済みの | 進行中の | 休暇中の | 終了した | 取り消された +
Comments

文字列のサイズは 1MB を超えてはならないことに注意すること。

Control1..1
BindingThe codes SHALL be taken from EncounterStatushttp://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-status|4.0.1
(required to http://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-status|4.0.1
Typecode
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
20. Encounter.statusHistory.period
Definition

そのエピソードが指定された状態になっていた時間。


指定された状態にあったエピソードの時間。

Shortそのエピソードが指定された状態になっていた時間エピソードが指定された状態にあった時間
Comments

期間とは時間の範囲で指定される。範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、または範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「これら2回の間に患者に与える」)を指定する。 期間が必要な場合は、タイプをInterval | Durationとして指定する。

Control1..1
TypePeriod
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
22. Encounter.class
Definition

外来(外来)、入院、救急、在宅医療、その他の地域差による患者Encounterの分類を表す概念。


患者の診察を分類するための概念、例えば外来、入院、救急、在宅医療、または地域によるその他の分類。

Short患者とのEncounterの分類【詳細参照】患者遭遇の分類 (Kanja souguu no bunrui)
Comments

コードは列挙やコードリストの中で非常にカジュアルに定義されることもあれば、SNOMED CTのような非常にフォーマルな定義まである。 - 詳細はHL7 v3コア・プリンシプルを参照すること。

Control1..1
BindingUnless not suitable, these codes SHALL be taken from HL7 V3 ActEncounterCode Value Sethttp://terminology.hl7.org/ValueSet/v3-ActEncounterCode
(extensible to http://terminology.hl7.org/ValueSet/v3-ActEncounterCode
TypeCoding
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
24. Encounter.classHistory
Definition

クラスの履歴は、リソースの履歴を経由することなく、Encounterの遷移を追跡することを可能にする。これは、入院患者が緊急時にEncounterした後、入院患者のシナリオに移行する場合に使用される。このようにして、新しいEncounterを再開しないようにすることで、検査/診断結果がより簡単に患者を追跡することができ、再処理を必要とせず、救急から入院への退院の際に紛失したりキャンセルされたりすることがないことを保証する。


クラスの履歴を追跡することにより、リソースの履歴をたどる必要がなく、遭遇する移行を追跡できます。これは、救急対応から入院の状況に移行する場合に使用されます。これを行うことで、新しい対策を再開する必要がなく、任意のラボ/診断結果がより簡単に患者に追跡でき、救急対応から入院までの退院中に失われたり、キャンセルされることがありません。

Short過去のEncounter classのリスト【詳細参照】過去のエンカウントクラスのリスト
Control0..*
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
26. Encounter.classHistory.modifierExtension
Definition

基本的な要素の定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあり、それによって、その要素自体または取り込んでいる要素の子孫の理解を修正する。修飾子要素は通常、否定または修飾を提供します。拡張機能の安全で管理しやすい使用を実現するために、定義および使用に厳しいガバナンスセットが適用されています。どの実装者でも拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要がある要件があります。リソースを処理するアプリケーションは、修飾子拡張子をチェックする必要があります。

修飾子拡張機能は、リソースまたはドメインリソースの任意の要素の意味を変更してはなりません(修飾子拡張自体の意味を変更することもできません)。


要素の基本的な定義の一部ではなく、それが含まれている要素の理解、および/または含まれる要素の子孫の理解を変更するために使用される場合があります。通常、修飾子要素は否定または資格を提供します。拡張機能を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に適用される厳格なガバナンスセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たされる一連の要件があります。アプリケーションの処理リソースは、修飾子拡張機能をチェックする必要があります。

モディファイア拡張は、リソースまたはdomainResource上の要素の意味を変更してはなりません(修飾軸自体の意味を変更することはできません)。 / May be used to represent additional information that is not part of the basic definition of the element and that modifies the understanding of the element in which it is contained and/or the understanding of the containing element's descendants. Usually modifier elements provide negation or qualification. To make the use of extensions safe and manageable, there is a strict set of governance applied to the definition and use of extensions. Though any implementer can define an extension, there is a set of requirements that SHALL be met as part of the definition of the extension. Applications processing a resource are required to check for modifier extensions.

Modifier extensions SHALL NOT change the meaning of any elements on Resource or DomainResource (including cannot change the meaning of modifierExtension itself).

Short認識されなくても無視できない拡張機能認識されていなくても無視できない拡張機能 / Extensions that cannot be ignored even if unrecognized
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。


拡張機能を使用または定義する機関や管轄権に関係なく、アプリケーション、プロジェクト、または標準による拡張機能の使用に関連するスティグマはありません。拡張機能の使用は、FHIR仕様がすべての人にコアレベルのシンプルさを保持できるようにするものです。 / There can be no stigma associated with the use of extensions by any application, project, or standard - regardless of the institution or jurisdiction that uses or defines the extensions. The use of extensions is what allows the FHIR specification to retain a core level of simplicity for everyone.

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them修飾子拡張は、それらを含む要素の意味または解釈を変更することが期待されています / Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.


修飾子拡張機能により、安全に無視できる大部分の拡張機能と明確に区別できるように、安全に無視できない拡張機能が可能になります。これにより、実装者が拡張の存在を禁止する必要性を排除することにより、相互運用性が促進されます。詳細については、[修飾子拡張の定義](拡張性.html#modifierextension)を参照してください。 / Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
ele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
28. Encounter.classHistory.class
Definition

inpatient | outpatient | ambulatory | emergency +.
入院|外来|外来|救急+。


入院患者 | 外来患者 | アンブラトリー | 緊急 +。

Shortinpatient | outpatient | ambulatory | emergency + / 入院|外来|外来|救急+入院患者 | 外来患者 | 歩行可能患者 | 緊急患者 +
Comments

コードは列挙やコードリストの中で非常にカジュアルに定義されることもあれば、SNOMED CTのような非常にフォーマルな定義まである- 詳細はHL7 v3コア・プリンシプルを参照すること。

Control1..1
BindingUnless not suitable, these codes SHALL be taken from HL7 V3 ActEncounterCode Value Sethttp://terminology.hl7.org/ValueSet/v3-ActEncounterCode
(extensible to http://terminology.hl7.org/ValueSet/v3-ActEncounterCode
TypeCoding
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
30. Encounter.classHistory.period
Definition

指定されたクラスにエピソードがあった時間。


指定されたクラス内でのエピソードの時間。

Short指定されたクラスにエピソードがあった時間エピソードが指定されたクラスにあった時間
Comments

期間とは時間の範囲で指定される。範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、または範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「これら2回の間に患者に与える」)を指定する。 期間が必要な場合は、タイプをInterval | Durationとして指定する。

Control1..1
TypePeriod
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
32. Encounter.subject
Definition

"診察時に存在する患者またはグループ。" (Shinsatsu ji ni sonzai suru kanja mata wa gurūpu.)

Short対面時に出席している患者またはグループ
Comments

エンカウンターは常に患者に関するものですが、すべての使用状況で患者が実際に知られていない場合があり、匿名である可能性があります(例えばアルコール依存症のグループセラピーの場合- エンカウンターの記録が人数/スタッフの請求に使用され、特定の患者の文脈に重要ではない場合、または獣医治療では、個々に追跡されていない群れの羊が治療を受ける場合があります)。

Control0..1
TypeReference(JP Core Patient Profile, Group, Patient)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Alternate Namespatient
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
34. Encounter.reasonReference
Definition

Encounter(診察、受診、入退院など)が起こる理由をコードとして表現します。入院に関しては、コード化された入院診断に使用できます。

ShortEncounter(診察、受診、入退院など)が生じた理由(参照)(Deai ga shoujita riyuu (sanshou))
Comments

主要な診断を知る必要があるシステムには、標準拡張子primaryDiagnosis(フラグではなく、シーケンス値である1 = 主要な診断)でマークされます。

Control0..*
TypeReference(JP Core Condition Profile, JP Core Procedure Profile, JP Core Observation Common Profile, ImmunizationRecommendation, Condition, Procedure, Observation)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Alternate NamesIndication, Admission diagnosis
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
36. Encounter.serviceProvider
Definition

このエンカウンターのサービスを主に担当する組織。これは患者の記録にある組織と同じかもしれませんが、外部組織からサービスを提供するアクターがいる場合など、別の組織である可能性もあります(別途請求される可能性があります)。大腸内視鏡検査の簡略化されたエンカウンターのバンドルを参照してください。

ShortこのEncounter(診察、受診、入退院など)に責任を持つ組織(施設)
Control0..1
TypeReference(JP Core Organization Profile, Organization)
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
38. Encounter.partOf
Definition

このEncounter(診察、受診、入退院など)が一部である、別のEncounter(診察、受診、入退院など)(手続き的にも時間的にも)。

Shortもう一度のEncounter(診察、受診、入退院など)。このEncounter(診察、受診、入退院など)は一部である。
Comments

これは、子供の経験を母親の経験に関連付けるためにも使用されます。詳細については、患者リソースのノートセクションを参照してください。

Control0..1
TypeReference(JP Core Encounter Profile, Encounter)
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))

Guidance on how to interpret the contents of this table can be found here

0. Encounter
Definition

医療サービスの提供または患者の健康状態の評価を目的とした、患者と医療提供者との間の相互作用。Encounterと表現される。
【JP Core仕様】外来受診、救急受診、入院、退院、対面診察、電話診察、など。

Short患者にサービスが提供されている間の相互作用
Control0..*
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate NamesVisit
Invariantsdom-2: もしリソースが他のリソースに含まれている場合、そのリソースにはネストされたリソースを含めてはなりません (moshi risōsu ga hoka no risōsu ni fukumarete iru baai, sono risōsu ni wa nesuto sareta risōsu o fukumete wa narimasen). (contained.contained.empty())
dom-3: もしリソースが他のリソースに含まれている場合、それはリソースの他の場所から参照されるか、含まれるリソースに参照されるべきです。 (contained.where((('#'+id in (%resource.descendants().reference | %resource.descendants().as(canonical) | %resource.descendants().as(uri) | %resource.descendants().as(url))) or descendants().where(reference = '#').exists() or descendants().where(as(canonical) = '#').exists() or descendants().where(as(canonical) = '#').exists()).not()).trace('unmatched', id).empty())
dom-4: もしリソースが別のリソースの中に含まれる場合、meta.versionIdまたはmeta.lastUpdatedを持つべきではありません。 (contained.meta.versionId.empty() and contained.meta.lastUpdated.empty())
dom-5: もしリソースが他のリソースに含まれている場合、セキュリティラベルを持つべきではありません。 (contained.meta.security.empty())
dom-6: 資源は堅牢な管理のために物語を持つべきである。 (text.`div`.exists())
2. Encounter.id
Definition

リソースのURLで使用される論理ID。一度割り当てられたら、この値は変更されません。

Shortこのアーティファクトの論理ID
Comments

リソースにIDがないのは、作成操作を使用してサーバーに送信されているときだけです。

Control0..1
Typeid
Is Modifierfalse
Summarytrue
4. Encounter.meta
Definition

リソースに関するメタデータ。これはインフラストラクチャによって維持されるコンテンツです。 コンテンツの変更は、リソースのバージョン変更と常に関連しているわけではありません。

Shortリソースに関するメタデータ
Control0..1
TypeMeta
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
6. Encounter.implicitRules
Definition

リソース構築時に遵守された一連のルールを指すものであり、コンテンツを処理する際に理解する必要があります。しばしば、特別なルールを定義する実装ガイドとその他のプロファイルなどを含むものです。

Shortこのコンテンツが作成されたルールセット
Comments

このルールセットを主張することで、取引先の限られた集団にしか内容を理解させることができず、長期的にはデータの有用性が制限されます。しかしながら、現存するヘルスエコシステムは高度に分断化しており、一般的に計算可能な形式でデータを定義、収集、交換する準備が整っていません。できる限り、実装者および/または仕様ライターはこの要素の使用を避けるべきです。使用する場合、URLは、そのナラティブとともに他のプロファイル、値セットなどを含む実装ガイドを定義する参照となります。

Control0..1
Typeuri
Is Modifiertrue because This element is labeled as a modifier because the implicit rules may provide additional knowledge about the resource that modifies it's meaning or interpretation
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
8. Encounter.language
Definition

リソースが書かれている基本言語。

Short「リソースコンテンツの言語」
Comments

言語はインデックスとアクセシビリティをサポートするために提供されます(通常、テキスト読み上げなどのサービスは言語タグを使用します)。物語のHTML言語タグは、物語に適用されます。リソース上の言語タグは、リソース内のデータから生成される他のプレゼンテーションの言語を指定するために使用できます。すべてのコンテンツが基本言語である必要はありません。Resource.languageは自動的に物語に適用されたと想定してはいけません。言語が指定されている場合、HTMLのdiv要素にも指定する必要があります(xml:langとhtml lang属性の関係に関する情報はHTML5の規則を参照)。

Control0..1
BindingThe codes SHOULD be taken from CommonLanguages
(preferred to http://hl7.org/fhir/ValueSet/languages
Typecode
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
10. Encounter.text
Definition

リソースの要約を含む人が読めるナビゲーションであり、リソースの内容を人に表現するために使用できます。ナビゲーションはすべての構造化されたデータをエンコードする必要はありませんが、人間がナビゲーションを読むだけで「臨床的に安全」であるために十分な詳細を含む必要があります。リソース定義には、臨床的な安全性を確保するためにナビゲーションで表現する必要があるコンテンツが定義される場合があります。

Short人間の解釈のためのリソースのテキスト要約
Comments

含まれるリソースには説明がありません。含まれないリソースには説明が必要です。場合によっては、リソースが少量のデータしか含まず、テキストだけで表現されることがあります(minOccurs = 1要素がすべて満たされている限り)。これは、情報が「テキストの塊」としてキャプチャされるレガシーシステムからのデータや、テキストが生またはナレーションされて符号化された情報が後で追加される場合に必要な場合があります。

Control0..1
TypeNarrative
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesnarrative, html, xhtml, display
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
12. Encounter.contained
Definition

これらのリソースは、それらを含むリソースから独立した存在を持ちません。それらは独立して識別することはできず、独自の独立したトランザクション範囲を持つこともできません。

Short「含まれている、インラインのリソース」
Comments

コンテンツが適切に識別できる場合には、これを行うべきではありません。識別が失われると、再び復元することは非常に困難であり(文脈に依存します)、メタ要素にプロファイルとタグを持つことができますが、セキュリティのラベルを持っていてはいけません。

Control0..*
TypeResource
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesinline resources, anonymous resources, contained resources
14. Encounter.extension
Definition

An Extension

ShortExtension
Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
SlicingThis element introduces a set of slices on Encounter.extension. The slices are unordered and Open, and can be differentiated using the following discriminators:
  • value @ url
16. Encounter.extension:associatedEncounter
Slice NameassociatedEncounter
Definition

関連するEncounter

Short関連するEncounter
Control0..1
This element is affected by the following invariants: ele-1
TypeExtension(associatedEncounter) (Extension Type: Reference(Encounter))
Is Modifierfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素には、@valueまたは子供が必要です / All FHIR elements must have a @value or children (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 両方ではなく、拡張または値[x]が必要です / Must have either extensions or value[x], not both (extension.exists() != value.exists())
18. Encounter.modifierExtension
Definition

リソースの基本的な定義に含まれない、要素の理解や、それを含む要素の子孫の理解を修正する追加情報を表すためにも使用されることがあります。通常、修飾要素は否定や修飾を提供します。拡張機能の使用を安全で管理しやすくするために、拡張機能の定義と使用に対して厳格な統治が適用されます。実装者は拡張機能を定義することが許可されていますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要がある要件があります。リソースを処理するアプリケーションは、修飾子拡張をチェックする必要があります。修飾子拡張は、リソースまたはドメインリソースの任意の要素の意味を変更してはなりません(修飾子拡張自体の意味も変更できません)。

Short無視できない拡張機能 (Mushi dekinai kakuchou kinou)
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the resource that contains them
Summaryfalse
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
20. Encounter.identifier
Definition

このEncounterが知られている識別子(複数可)。

ShortこのEncounterが知られている識別子(複数可)
NoteThis is a business identifier, not a resource identifier (see discussion)
Control0..*
TypeIdentifier
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
22. Encounter.status
Definition

planned | arrived | triaged | in-progress | onleave | finished | cancelled +.
予定|到着|トリアージ|進行中|保留中|終了|キャンセル+.

Shortplanned | arrived | triaged | in-progress | onleave | finished | cancelled + / 予定|到着|トリアージ|進行中|保留中|終了|キャンセル+
Comments

内部のビジネス・ルールは、ステータス(およびクラス)間で発生する可能性のある適切な遷移を検出することに注意すること。

Control1..1
BindingThe codes SHALL be taken from EncounterStatus
(required to http://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-status|4.0.1
Typecode
Is Modifiertrue because This element is labeled as a modifier because it is a status element that contains status entered-in-error which means that the resource should not be treated as valid
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
24. Encounter.statusHistory
Definition

ステータス履歴(status History)は、リソースの歴史的なバージョンを読み込んだり、サーバに保存させたりすることなく、Encounterリソースがステータス履歴を含むことを可能にする。

Short過去のEncounterのステータス一覧【詳細参照】
Comments

現在のステータスは、ステータスの履歴ではなく、常にリソースの現在のバージョンにある。

Control0..*
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
26. Encounter.statusHistory.id
Definition

リソース内の要素の固有ID(内部参照用)。これは、スペースを含まない任意の文字列値である可能性があります。

Shortエレメント相互参照のためのユニークID
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
XML FormatIn the XML format, this property is represented as an attribute.
Summaryfalse
28. Encounter.statusHistory.extension
Definition

要素の基本的な定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあります。拡張機能の使用を安全かつ管理しやすくするために、定義および使用に適用される厳格なガバナンスのセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要のある要件のセットがあります。

Short実装によって定義される追加コンテンツ
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。

Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
30. Encounter.statusHistory.modifierExtension
Definition

基本的な要素の定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあり、それによって、その要素自体または取り込んでいる要素の子孫の理解を修正する。修飾子要素は通常、否定または修飾を提供します。拡張機能の安全で管理しやすい使用を実現するために、定義および使用に厳しいガバナンスセットが適用されています。どの実装者でも拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要がある要件があります。リソースを処理するアプリケーションは、修飾子拡張子をチェックする必要があります。

修飾子拡張機能は、リソースまたはドメインリソースの任意の要素の意味を変更してはなりません(修飾子拡張自体の意味を変更することもできません)。

Short認識されなくても無視できない拡張機能
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
32. Encounter.statusHistory.status
Definition

planned | arrived | triaged | in-progress | onleave | finished | cancelled +.
予定|到着|トリアージ|進行中|保留中|終了|キャンセル+.

Shortplanned | arrived | triaged | in-progress | onleave | finished | cancelled + / 予定|到着|トリアージ|進行中|保留中|終了|キャンセル+.
Comments

文字列のサイズは 1MB を超えてはならないことに注意すること。

Control1..1
BindingThe codes SHALL be taken from EncounterStatus
(required to http://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-status|4.0.1
Typecode
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
34. Encounter.statusHistory.period
Definition

そのエピソードが指定された状態になっていた時間。

Shortそのエピソードが指定された状態になっていた時間
Comments

期間とは時間の範囲で指定される。範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、または範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「これら2回の間に患者に与える」)を指定する。 期間が必要な場合は、タイプをInterval | Durationとして指定する。

Control1..1
TypePeriod
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
36. Encounter.class
Definition

外来(外来)、入院、救急、在宅医療、その他の地域差による患者Encounterの分類を表す概念。

Short患者とのEncounterの分類【詳細参照】
Comments

コードは列挙やコードリストの中で非常にカジュアルに定義されることもあれば、SNOMED CTのような非常にフォーマルな定義まである。 - 詳細はHL7 v3コア・プリンシプルを参照すること。

Control1..1
BindingUnless not suitable, these codes SHALL be taken from HL7 V3 ActEncounterCode Value Set
(extensible to http://terminology.hl7.org/ValueSet/v3-ActEncounterCode
TypeCoding
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
38. Encounter.classHistory
Definition

クラスの履歴は、リソースの履歴を経由することなく、Encounterの遷移を追跡することを可能にする。これは、入院患者が緊急時にEncounterした後、入院患者のシナリオに移行する場合に使用される。このようにして、新しいEncounterを再開しないようにすることで、検査/診断結果がより簡単に患者を追跡することができ、再処理を必要とせず、救急から入院への退院の際に紛失したりキャンセルされたりすることがないことを保証する。

Short過去のEncounter classのリスト【詳細参照】
Control0..*
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
40. Encounter.classHistory.id
Definition

リソース内の要素の固有ID(内部参照用)。これは、スペースを含まない任意の文字列値である可能性があります。

Shortエレメント相互参照のためのユニークID
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
XML FormatIn the XML format, this property is represented as an attribute.
Summaryfalse
42. Encounter.classHistory.extension
Definition

要素の基本的な定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあります。拡張機能の使用を安全かつ管理しやすくするために、定義および使用に適用される厳格なガバナンスのセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要のある要件のセットがあります。

Short実装によって定義される追加コンテンツ
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。

Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
44. Encounter.classHistory.modifierExtension
Definition

基本的な要素の定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあり、それによって、その要素自体または取り込んでいる要素の子孫の理解を修正する。修飾子要素は通常、否定または修飾を提供します。拡張機能の安全で管理しやすい使用を実現するために、定義および使用に厳しいガバナンスセットが適用されています。どの実装者でも拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要がある要件があります。リソースを処理するアプリケーションは、修飾子拡張子をチェックする必要があります。

修飾子拡張機能は、リソースまたはドメインリソースの任意の要素の意味を変更してはなりません(修飾子拡張自体の意味を変更することもできません)。

Short認識されなくても無視できない拡張機能
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
46. Encounter.classHistory.class
Definition

inpatient | outpatient | ambulatory | emergency +.
入院|外来|外来|救急+。

Shortinpatient | outpatient | ambulatory | emergency + / 入院|外来|外来|救急+
Comments

コードは列挙やコードリストの中で非常にカジュアルに定義されることもあれば、SNOMED CTのような非常にフォーマルな定義まである- 詳細はHL7 v3コア・プリンシプルを参照すること。

Control1..1
BindingUnless not suitable, these codes SHALL be taken from HL7 V3 ActEncounterCode Value Set
(extensible to http://terminology.hl7.org/ValueSet/v3-ActEncounterCode
TypeCoding
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
48. Encounter.classHistory.period
Definition

指定されたクラスにエピソードがあった時間。

Short指定されたクラスにエピソードがあった時間
Comments

期間とは時間の範囲で指定される。範囲全体が適用されるか(たとえば、「患者はこの時間範囲で入院していた」)、または範囲から1つの値が適用されるか(たとえば、「これら2回の間に患者に与える」)を指定する。 期間が必要な場合は、タイプをInterval | Durationとして指定する。

Control1..1
TypePeriod
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
50. Encounter.type
Definition

特定のEncounter(診察、受診、入退院など)の種類(例:メール相談、手術日帰り、スキルド・ナーシング、リハビリテーション)

Short特定の種類のEncounter(診察、受診、入退院など) (tokutei no shurui no deai)
Comments

Encounter(診察、受診、入退院など)をさらに分類する方法が多数存在するため、この要素は0から複数の値をとる。

Control0..*
BindingFor example codes, see EncounterType
(example to http://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-type
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
52. Encounter.serviceType
Definition

提供されるサービスの広範な分類(例:心臓病学)

Short"特定のサービスの種類" (tokutei no saabisu no shurui)
Control0..1
BindingFor example codes, see ServiceType
(example to http://hl7.org/fhir/ValueSet/service-type
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
54. Encounter.priority
Definition

Encounter(診察、受診、入退院など)の緊急性を示します。

ShortEncounter(診察、受診、入退院など)の緊急性を示す
Control0..1
BindingFor example codes, see ActPriority
(example to http://terminology.hl7.org/ValueSet/v3-ActPriority
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
56. Encounter.subject
Definition

"診察時に存在する患者またはグループ。" (Shinsatsu ji ni sonzai suru kanja mata wa gurūpu.)

Short対面時に出席している患者またはグループ
Comments

エンカウンターは常に患者に関するものですが、すべての使用状況で患者が実際に知られていない場合があり、匿名である可能性があります(例えばアルコール依存症のグループセラピーの場合- エンカウンターの記録が人数/スタッフの請求に使用され、特定の患者の文脈に重要ではない場合、または獣医治療では、個々に追跡されていない群れの羊が治療を受ける場合があります)。

Control0..1
TypeReference(JP Core Patient Profile, Group)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Alternate Namespatient
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
58. Encounter.episodeOfCare
Definition

特定のエピソードの一部として特定のエンカウンターを分類する必要がある場合、このフィールドを使用する必要があります。この関連は、政府報告、問題追跡、共通の課題に関連するエンカウンターを特定の目的のためにグループ化するのに役立ちます。これらの関連は、通常、エピソードの後に作成され、新しいエンカウンターを追加するためにエピソードを編集するのではなく、入力時にグループ化されます(エピソードは数年にわたって広がる可能性があります)。

Shortこの遭遇が記録されるべきケアのエピソード
Control0..*
TypeReference(EpisodeOfCare)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
60. Encounter.basedOn
Definition

このEncounter(診察、受診、入退院など)が満たす要請(例:紹介依頼や手続き要請)

ShortこのEncounter(診察、受診、入退院など)を開始したサービスリクエスト
Control0..*
TypeReference(ServiceRequest)
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate NamesincomingReferral
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
62. Encounter.participant
Definition

サービスを提供する責任を持つ人々のリスト

Short「遭遇に関わった参加者のリスト」 (Souguu ni kakawatta sankasha no risuto)
Control0..*
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
64. Encounter.participant.id
Definition

リソース内の要素の固有ID(内部参照用)。これは、スペースを含まない任意の文字列値である可能性があります。

Shortエレメント相互参照のためのユニークID
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
XML FormatIn the XML format, this property is represented as an attribute.
Summaryfalse
66. Encounter.participant.extension
Definition

要素の基本的な定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあります。拡張機能の使用を安全かつ管理しやすくするために、定義および使用に適用される厳格なガバナンスのセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要のある要件のセットがあります。

Short実装によって定義される追加コンテンツ
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。

Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
68. Encounter.participant.modifierExtension
Definition

基本的な要素の定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあり、それによって、その要素自体または取り込んでいる要素の子孫の理解を修正する。修飾子要素は通常、否定または修飾を提供します。拡張機能の安全で管理しやすい使用を実現するために、定義および使用に厳しいガバナンスセットが適用されています。どの実装者でも拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要がある要件があります。リソースを処理するアプリケーションは、修飾子拡張子をチェックする必要があります。

修飾子拡張機能は、リソースまたはドメインリソースの任意の要素の意味を変更してはなりません(修飾子拡張自体の意味を変更することもできません)。

Short認識されなくても無視できない拡張機能
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
70. Encounter.participant.type
Definition

Encounter(診察、受診、入退院など)における参加者の役割。

ShortEncounter(診察、受診、入退院など)における参加者の役割
Comments

参加者タイプは、個人がどのようにエンカウントに参加するかを示します。それには、非開業者の参加者が含まれ、開業者にとってはこのエンカウントの文脈でアクションタイプを説明することが含まれます(例:入院医師、診療医師、翻訳者、相談医師)。これは、雇用、教育、免許などの用語から派生した機能的な役割である開業者の役割とは異なります。

Control0..*
BindingUnless not suitable, these codes SHALL be taken from ParticipantType
(extensible to http://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-participant-type
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
72. Encounter.participant.period
Definition

指定された参加者が出席した期間。これらは重複することがあり、全体的なエンカウント期間のサブセットになることもあります。

Short参加者が参加したエンカウンターの期間
Control0..1
TypePeriod
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
74. Encounter.participant.individual
Definition

「患者以外にEncounter(診察、受診、入退院など)に関わった人々。」

Short患者以外に関与する人
Control0..1
TypeReference(JP Core Practitioner Profile, JP Core PractitionerRole Profile, RelatedPerson)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
76. Encounter.appointment
Definition

このEncounter(診察、受診、入退院など)を予定した約束。

ShortこのEncounter(診察、受診、入退院など)を予定した予約
Control0..*
TypeReference(Appointment)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
78. Encounter.period
Definition

Encounter(診察、受診、入退院など)の開始時刻と終了時刻。

ShortEncounter(診察、受診、入退院など)の始まりと終わりの時間
Comments

もし、まだ知られていなければ、期間の終わりは省略できます。

Control0..1
TypePeriod
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
80. Encounter.length
Definition

接触が続いた時間の量です。休暇中の時間は除かれます。

ShortEncounter(診察、受診、入退院など)が続いた時間(不在時間を差し引いた時間)
Comments

休暇により、エンカウンター期間の時間が異なる場合があります。

Control0..1
TypeDuration
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
82. Encounter.reasonCode
Definition

Encounter(診察、受診、入退院など)が起こる理由をコードとして表現します。入院に関しては、コード化された入院診断に使用できます。

Shortエンカウントが生じる理由がコード化されている
Comments

主要な診断を知る必要があるシステムには、標準拡張子primaryDiagnosis(フラグではなく、シーケンス値である1 = 主要な診断)でマークされます。

Control0..*
BindingThe codes SHOULD be taken from EncounterReasonCodes
(preferred to http://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-reason
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summarytrue
Alternate NamesIndication, Admission diagnosis
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
84. Encounter.reasonReference
Definition

Encounter(診察、受診、入退院など)が起こる理由をコードとして表現します。入院に関しては、コード化された入院診断に使用できます。

ShortEncounter(診察、受診、入退院など)が生じた理由(参照)(Deai ga shoujita riyuu (sanshou))
Comments

主要な診断を知る必要があるシステムには、標準拡張子primaryDiagnosis(フラグではなく、シーケンス値である1 = 主要な診断)でマークされます。

Control0..*
TypeReference(JP Core Condition Profile, JP Core Procedure Profile, JP Core Observation Common Profile, ImmunizationRecommendation)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Alternate NamesIndication, Admission diagnosis
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
86. Encounter.diagnosis
Definition

この対面に関連する診断リスト。

Shortこの診察に関連する診断のリスト
Control0..*
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summarytrue
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
88. Encounter.diagnosis.id
Definition

リソース内の要素の固有ID(内部参照用)。これは、スペースを含まない任意の文字列値である可能性があります。

Shortエレメント相互参照のためのユニークID
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
XML FormatIn the XML format, this property is represented as an attribute.
Summaryfalse
90. Encounter.diagnosis.extension
Definition

要素の基本的な定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあります。拡張機能の使用を安全かつ管理しやすくするために、定義および使用に適用される厳格なガバナンスのセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要のある要件のセットがあります。

Short実装によって定義される追加コンテンツ
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。

Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
92. Encounter.diagnosis.modifierExtension
Definition

基本的な要素の定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあり、それによって、その要素自体または取り込んでいる要素の子孫の理解を修正する。修飾子要素は通常、否定または修飾を提供します。拡張機能の安全で管理しやすい使用を実現するために、定義および使用に厳しいガバナンスセットが適用されています。どの実装者でも拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要がある要件があります。リソースを処理するアプリケーションは、修飾子拡張子をチェックする必要があります。

修飾子拡張機能は、リソースまたはドメインリソースの任意の要素の意味を変更してはなりません(修飾子拡張自体の意味を変更することもできません)。

Short認識されなくても無視できない拡張機能
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
94. Encounter.diagnosis.condition
Definition

エンカウンターが発生する理由は、他のリソースからの情報を使用して指定されます。入院の場合、これは入院診断です。指標は通常、状態(evidence.detailで参照される他のリソースで)またはプロシジャー(処置等)です。

Shortエンカウンターに関連する診断または処置
Comments

主要な診断を知る必要があるシステムには、標準拡張子primaryDiagnosis(フラグではなく、シーケンス値である1 = 主要な診断)でマークされます。

Control1..1
TypeReference(JP Core Condition Profile, JP Core Procedure Profile)
Is Modifierfalse
Summarytrue
Alternate NamesAdmission diagnosis, discharge diagnosis, indication
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
96. Encounter.diagnosis.use
Definition

この診断がEncounter(診察、受診、入退院など)の中で果たす役割(入院、請求、退院など)

Shortこの診断に対する役割(入院、請求、退院など)
Control0..1
BindingThe codes SHOULD be taken from DiagnosisRole
(preferred to http://hl7.org/fhir/ValueSet/diagnosis-role
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
98. Encounter.diagnosis.rank
Definition

各役割タイプの診断ランキング

Short役割ごとの診断ランキング
Control0..1
TypepositiveInt
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
100. Encounter.account
Definition

このエンカウンターの請求に使用できるアカウントのセット。

Shortこのエンカウンターの請求に使用できるアカウントのセット
Comments

請求システムは内部のビジネスルールに基づいて、Encounter(診察、受診、入退院など)に関連する請求可能なアイテムを複数の参照されたアカウントに割り当てることができます。

Control0..*
TypeReference(Account)
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
102. Encounter.hospitalization
Definition

医療サービスへの入院に関する詳細。

Short医療サービスの入院に関する詳細
Comments

「エンカウンター」は入院期間だけでなく、外来診療、地域クリニック、高齢者施設などの文脈も含まれる場合があります。 この「エンカウンター」の期間に記録される期間は、この入院記録の全範囲をカバーしています。

Control0..1
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
104. Encounter.hospitalization.id
Definition

リソース内の要素の固有ID(内部参照用)。これは、スペースを含まない任意の文字列値である可能性があります。

Shortエレメント相互参照のためのユニークID
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
XML FormatIn the XML format, this property is represented as an attribute.
Summaryfalse
106. Encounter.hospitalization.extension
Definition

要素の基本的な定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあります。拡張機能の使用を安全かつ管理しやすくするために、定義および使用に適用される厳格なガバナンスのセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要のある要件のセットがあります。

Short実装によって定義される追加コンテンツ
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。

Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
108. Encounter.hospitalization.modifierExtension
Definition

基本的な要素の定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあり、それによって、その要素自体または取り込んでいる要素の子孫の理解を修正する。修飾子要素は通常、否定または修飾を提供します。拡張機能の安全で管理しやすい使用を実現するために、定義および使用に厳しいガバナンスセットが適用されています。どの実装者でも拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要がある要件があります。リソースを処理するアプリケーションは、修飾子拡張子をチェックする必要があります。

修飾子拡張機能は、リソースまたはドメインリソースの任意の要素の意味を変更してはなりません(修飾子拡張自体の意味を変更することもできません)。

Short認識されなくても無視できない拡張機能
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
110. Encounter.hospitalization.preAdmissionIdentifier
Definition

「入院前の識別子」

Short事前入院識別子 (Jizen nyugaku shikibetsushi)
Control0..1
TypeIdentifier
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
112. Encounter.hospitalization.origin
Definition

患者が入院する前に、どこの場所/組織から来たか。

Short「入院前に患者がいた場所/組織」
Control0..1
TypeReference(JP Core Location Profile, JP Core Organization Profile)
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
114. Encounter.hospitalization.admitSource
Definition

患者がどこから入院したのか(医師の紹介、転院)

Short患者が入院した場所(医師の紹介、転院)
Control0..1
BindingThe codes SHOULD be taken from AdmitSource
(preferred to http://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-admit-source
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
116. Encounter.hospitalization.reAdmission
Definition

この入院が再入院かどうか、そしてその理由が分かっている場合はなぜか。

Short発生した再入院のタイプ(あれば)。値がない場合は、再入院として識別されていないことを意味します。
Control0..1
BindingFor example codes, see hl7VS-re-admissionIndicator
(example to http://terminology.hl7.org/ValueSet/v2-0092
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
118. Encounter.hospitalization.dietPreference
Definition

患者が報告した食事の好み。

Short患者が報告した食事の好み
Comments

例えば、患者が乳製品フリーとナッツフリーの食事を希望することがあります(相反する要素ではありません)。

Control0..*
BindingFor example codes, see Diet
(example to http://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-diet
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Requirements

Used to track patient's diet restrictions and/or preference. For a complete description of the nutrition needs of a patient during their stay, one should use the nutritionOrder resource which links to Encounter.

Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
120. Encounter.hospitalization.specialCourtesy
Definition

特別なおもてなし(VIP、取締役)

Short特別な配慮(VIP、取締役)
Control0..*
BindingThe codes SHOULD be taken from SpecialCourtesy
(preferred to http://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-special-courtesy
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
122. Encounter.hospitalization.specialArrangement
Definition

この入院の機会に行われた特別な要求、特定の装置などの提供などがある場合は。

Short車椅子、翻訳者、ストレッチャー、など。
Control0..*
BindingThe codes SHOULD be taken from SpecialArrangements
(preferred to http://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-special-arrangements
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
124. Encounter.hospitalization.destination
Definition

患者が退院する場所/組織。 (Kanja ga taiin suru basho/soshiki.)

Short患者が退院する場所/施設
Control0..1
TypeReference(JP Core Location Profile, JP Core Organization Profile)
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
126. Encounter.hospitalization.dischargeDisposition
Definition

退院後の場所のカテゴリーまたは種類。

Short退院後の場所のカテゴリーまたは種類
Control0..1
BindingFor example codes, see DischargeDisposition
(example to http://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-discharge-disposition
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
128. Encounter.location
Definition

この接触中に患者が滞在した場所のリスト

Short患者が行った場所のリスト
Comments

エンカウント」には、場所の種類である「クライアントの自宅」のような場所の参照を明示することで、バーチャルなエンカウントを記録できます。また、エンカウントクラスは「バーチャル」である必要があります。

Control0..*
TypeBackboneElement
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
130. Encounter.location.id
Definition

リソース内の要素の固有ID(内部参照用)。これは、スペースを含まない任意の文字列値である可能性があります。

Shortエレメント相互参照のためのユニークID
Control0..1
Typestring
Is Modifierfalse
XML FormatIn the XML format, this property is represented as an attribute.
Summaryfalse
132. Encounter.location.extension
Definition

要素の基本的な定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあります。拡張機能の使用を安全かつ管理しやすくするために、定義および使用に適用される厳格なガバナンスのセットがあります。実装者は拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要のある要件のセットがあります。

Short実装によって定義される追加コンテンツ
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。

Control0..*
TypeExtension
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Alternate Namesextensions, user content
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
134. Encounter.location.modifierExtension
Definition

基本的な要素の定義に含まれない追加情報を表すために使用されることがあり、それによって、その要素自体または取り込んでいる要素の子孫の理解を修正する。修飾子要素は通常、否定または修飾を提供します。拡張機能の安全で管理しやすい使用を実現するために、定義および使用に厳しいガバナンスセットが適用されています。どの実装者でも拡張機能を定義できますが、拡張機能の定義の一部として満たす必要がある要件があります。リソースを処理するアプリケーションは、修飾子拡張子をチェックする必要があります。

修飾子拡張機能は、リソースまたはドメインリソースの任意の要素の意味を変更してはなりません(修飾子拡張自体の意味を変更することもできません)。

Short認識されなくても無視できない拡張機能
Comments

どのようなアプリケーション、プロジェクト、または標準が拡張機能を使用しているかに関わらず、拡張機能の使用には決して汚名が付くわけではありません - それらを使用または定義する機関または管轄区域に関係なく。拡張機能の使用こそが、FHIR仕様を誰にとっても簡単なコアレベルで維持することを可能にします。

Control0..*
TypeExtension
Is Modifiertrue because Modifier extensions are expected to modify the meaning or interpretation of the element that contains them
Summarytrue
Requirements

Modifier extensions allow for extensions that cannot be safely ignored to be clearly distinguished from the vast majority of extensions which can be safely ignored. This promotes interoperability by eliminating the need for implementers to prohibit the presence of extensions. For further information, see the definition of modifier extensions.

Alternate Namesextensions, user content, modifiers
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
ext-1: 拡張機能または値[x]のいずれかが必要です。両方ではありません。 (extension.exists() != value.exists())
136. Encounter.location.location
Definition

Encounter(診察、受診、入退院など)が起こる場所。

ShortEncounter(診察、受診、入退院など)の場所 (Deai no basho)
Control1..1
TypeReference(JP Core Location Profile)
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
138. Encounter.location.status
Definition

指定された場所に参加者が期間中にいる状態。参加者が場所にいなくなった場合は、期間に終了日時が設定されます。

Short計画中 | アクティブな | 予約済みの | 完了しました。
Comments

患者が場所でのアクティブな期間が終了したら、期間終了日が入力され、ステータスが完了に変更される場合があります。

Control0..1
BindingThe codes SHALL be taken from EncounterLocationStatus
(required to http://hl7.org/fhir/ValueSet/encounter-location-status|4.0.1
Typecode
Is Modifierfalse
Primitive ValueThis primitive element may be present, or absent, or replaced by an extension
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
140. Encounter.location.physicalType
Definition

これは、メッセージングまたはクエリを簡素化するために記録が必要なレベル(ベッド/病室/部屋など)を特定するために使用されます。

Short場所の物理的なタイプ(通常は場所の階層のレベル、ベッドルームワードなど)
Comments

この情報は、エンカウンターリソースの理解とメッセージングまたはクエリの処理をサポートするために、ロケーションリソースからデノーマライズされています。

階層には多くのレベルがあり、特定の使用シナリオに必要な特定のレベルのみをピックアップすることができます。

Control0..1
BindingFor example codes, see LocationType
(example to http://hl7.org/fhir/ValueSet/location-physical-type
TypeCodeableConcept
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
142. Encounter.location.period
Definition

"患者が場所にいた期間。"

Short患者が場所にいた期間
Control0..1
TypePeriod
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
144. Encounter.serviceProvider
Definition

このエンカウンターのサービスを主に担当する組織。これは患者の記録にある組織と同じかもしれませんが、外部組織からサービスを提供するアクターがいる場合など、別の組織である可能性もあります(別途請求される可能性があります)。大腸内視鏡検査の簡略化されたエンカウンターのバンドルを参照してください。

ShortこのEncounter(診察、受診、入退院など)に責任を持つ組織(施設)
Control0..1
TypeReference(JP Core Organization Profile)
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))
146. Encounter.partOf
Definition

このEncounter(診察、受診、入退院など)が一部である、別のEncounter(診察、受診、入退院など)(手続き的にも時間的にも)。

Shortもう一度のEncounter(診察、受診、入退院など)。このEncounter(診察、受診、入退院など)は一部である。
Comments

これは、子供の経験を母親の経験に関連付けるためにも使用されます。詳細については、患者リソースのノートセクションを参照してください。

Control0..1
TypeReference(JP Core Encounter Profile)
Is Modifierfalse
Summaryfalse
Invariantsele-1: すべてのFHIR要素は、@valueまたはchildrenを持っている必要があります。 (hasValue() or (children().count() > id.count()))